くらし
アイコン:くらし
HOMEくらし高知のニュース【イチ押しニュース】世界初!DMVの営業運行が始まります!

【イチ押しニュース】世界初!DMVの営業運行が始まります!

DMV(デュアル・モード・ビークル)の営業運行が 12 月 25 日、阿佐海岸鉄道で始まります。一般客を乗せての営業運行は世界初で、徳島県海洋町と安芸郡東洋町を結びます。

DMVはレール上を鉄道、道路をバスとして走ります。乗り物好きのお子さんは興味津々なのではないでしょうか。 室戸市を走る便もあるそうです。海の駅東洋町に、むろと廃校水族館、室戸世界ジオパークセンター。高知県東部の観光も楽しみたいですね。

世界初の営業運行、DMV12月25日発進 阿佐海岸鉄道・徳島県海陽町―高知県東洋町

世界初の営業運行開始に向け、念入りに点検されるDMV(徳島県海陽町の阿佐海岸鉄道車両基地)
世界初の営業運行開始に向け、念入りに点検されるDMV(徳島県海陽町の阿佐海岸鉄道車両基地)

(高知新聞 2021 年 12 月 25 日掲載)

阿佐海岸鉄道は25日、徳島県海陽町―高知県安芸郡東洋町で、DMV(デュアル・モード・ビークル)の営業運行を開始する。一般客を乗せての営業運行は世界初。阿佐東線のレール上を鉄道、前後の区間をバスとして直通運転する夢の乗り物が徳島、高知県境を駆ける。

DMVはマイクロバスを改造し、レール上も走行可能にした乗り物。JR北海道で開発され、2016年に徳島・高知両県などが第三セクター、阿佐海岸鉄道による営業運行に向けて協議会を設立し準備を進めてきた。

ルート(下り線)は阿波海南文化村が起点。JR牟岐線も乗り入れる阿波海南駅で鉄道用にモードチェンジし、甲浦駅まで阿佐東線の各駅に停車する。その後再びバスモードに変わり、海の駅東洋町を経て、終点の道の駅宍喰温泉に着く。26日以降の土日祝日は各1往復のみ、海の駅東洋町から国道55号を南下し、室戸市の海の駅とろむに向かう便が設定されている。

運行は平日13往復、土日祝日12往復(うち1往復は室戸市行き)。乗車定員は21人で、阿波海南文化村からの運賃は甲浦駅700円、海の駅東洋町800円、海の駅とろむ2400円など(小学生以下は半額)。高速バス予約サイト「発車オ~ライネット」などで乗車予約できる。

第1便は25日午後0時36分、阿波海南文化村を出発する。同文化村では記念式典や発進式が行われ、徳島県の飯泉嘉門知事や東洋町の松延宏幸町長らが運行開始を祝う。

また同日、路線バス室戸―甲浦線を運行する高知東部交通は、海の駅東洋町に乗り継ぎ用の停留所を新設。甲浦駅など4停留所は廃止する。(板垣篤志)

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。