くらし
アイコン:くらし
HOMEくらし高知のニュース【イチ押しニュース】「土佐の食1グランプリ」で新感覚スイーツ「ユズノワール」が優勝しました

【イチ押しニュース】「土佐の食1グランプリ」で新感覚スイーツ「ユズノワール」が優勝しました

高知県内のご当地グルメの祭典「第 13 回土佐の食1グランプリ」が 3 月 27 日に高知市内で開かれました。人気投票で優勝したのは「ユズノワール」。高知商業高校の生徒らが開発した新感覚スイーツです。

ユズノワールは、ユズ風味のチーズケーキをクレープ生地で巻き、アイスクリームをのせた一品とのこと。どんな味なのでしょうか。アグリコレット内の店舗で近く販売されるそうです。

「土佐の食1GP」ことしは新感覚スイーツ「ユズノワール」!高知商業高校生がV2

高知商業高のユズノワールが優勝した「土佐の食1グランプリ」(高知市のJR高知駅南口「こうち旅広場」)
高知商業高のユズノワールが優勝した「土佐の食1グランプリ」(高知市のJR高知駅南口「こうち旅広場」)

(高知新聞 2022 年 3 月 28 日掲載)

高知県内ご当地グルメの祭典「第13回土佐の食1グランプリ」が27日、高知市のJR高知駅南口「こうち旅広場」で開かれた。出品された24品の人気投票の結果、高知商業高の生徒らが開発したスイーツ「ユズノワール」が優勝し、同校は昨年のガパオライスに続いて連覇を果たした。

ユズノワールは、同校の社会マネジメント科地域実践コースの2年生35人が、同市南御座のレストラン「ボルベール」と共同で開発。ユズ風味のチーズケーキをクレープ生地で巻き、アイスクリームをのせた一品で、竹炭パウダーや米粉などこだわりの県産素材を使い、「心にも体にも優しい新感覚スイーツ」を掲げている。

優勝の一報に、同科の坂本菜悠(なゆ)さん(17)は「先輩が残してきた結果を引き継げてうれしい。コロナ下で大会に出るのを諦めかけていたけど、出場できていい経験になった」。商品は近く、同市のアグリコレット内の店舗で扱われるという。

食1GPは、1品購入ごとに配られる投票券を来場者が好きなメニューに投じて決める。2位は「びっ栗まんじゅう」(四万十市・美味)、3位は「龍禾ガリあじ」(高知市・龍禾Ryuka)が入った。

26日は雨天のため中止し、27日のみの開催となった。来場者数は3285人、得票総数は3356票だった。(玉置萌恵)

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。