くらし
アイコン:くらし
HOMEくらし高知のニュース【イチ押しニュース】南国市の「海洋堂Space Factoryなんこく」来館者が10万人を突破しました!

【イチ押しニュース】南国市の「海洋堂Space Factoryなんこく」来館者が10万人を突破しました!

2021 年 3 月に開業した「海洋堂SpaceFactoryなんこく」の来館者が 10 万人を突破しました。

コロナ禍での開業でしたが、映像や仕掛けを駆使した展示や豊富な体験メニューが人気を集めています。

屋内施設は雨の日や夏のおでかけにもぴったりですね。親子で一緒にドキドキ、ワクワクしてみませんか?

「海洋堂SpaceFactoryなんこく」の情報はこちら

「海洋堂SpaceFactoryなんこく」来館10万人突破 体験メニューなど人気 高知県南国市

来館者10万人を突破し、宮脇修一社長=右=から記念品を受け取る竹崎洋紀さん一家(南国市の海洋堂SpaceFactoryなんこく)
来館者10万人を突破し、宮脇修一社長=右=から記念品を受け取る竹崎洋紀さん一家(南国市の海洋堂SpaceFactoryなんこく)

(高知新聞 2022 年 6 月5 日掲載)

南国市大そね甲の「海洋堂SpaceFactoryなんこく」(海洋堂SF)の来館者が4日、10万人を突破した。オープンから1年2カ月余りでの大台到達で、節目となった親子連れに記念品が贈られた。

市が「ものづくりの街」をPRしようと建設し、昨年3月にオープン。フィギュアメーカー、海洋堂(大阪)の関連会社、海洋堂高知が運営している。

館内ではフィギュア制作現場を見学でき、ジオラマ作りなどの豊富な体験メニューも人気。随時開かれる企画展も好評で、オープンから3カ月余りで年間目標の3万3千人を突破するなど、幅広い世代が楽しめる施設として親しまれている。

10万人目は香南市の地方公務員、竹崎洋紀さん(48)ら一家4人。海洋堂高知の宮脇修一社長(64)や平山耕三南国市長らが拍手で迎え、記念のフィギュアや特産のメロンなどを贈った。竹崎さんは「ここは最新のおもちゃだけでなく、昔ながらのからくり人形なども楽しめるのがいいですね」と喜んでいた。

宮脇社長は「デジタル化が進む中にあっても、リアルな触感を楽しめる施設として多くの人々に評価してもらえた結果。新型コロナが収まれば、日本中、世界中から来てもらえる施設にしたい」と意気込みを新たにしていた。(海路佳孝)

 

高知のニュースは高知新聞PLUSでご覧いただけます。こちらから

 

この記事の著者

森本 裕文

森本 裕文

高1の長男、中2の長女の4人家族。理論派のO型組(私と長女)と、感覚派のB型組(妻と長男)でいつも楽しく抗争中。1979年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。