くらし
アイコン:くらし
HOMEくらし高知のニュース【イチ押しニュース】迫力満点のジンベエザメに超接近!土佐清水市で一般公開されています

【イチ押しニュース】迫力満点のジンベエザメに超接近!土佐清水市で一般公開されています

土佐清水市以布利の大阪海遊館海洋生物研究所以布利センターが 5 月下旬から休止していたジンベエザメの一般公開を再開しました。

室戸沖で定置網にかかり、研究のため新たに仲間入りした 3 匹。体長は 3 メートルを超えていますが、まだまだ子どもとのこと。

目の前を悠然と泳ぐ迫力満点の姿、夏休みのいい思い出になりそうです。

ジンベエザメ悠々 海遊館施設で3匹公開 高知県土佐清水市

一般公開が再開され、水槽の中を悠々と泳ぐジンベエザメ(土佐清水市の大阪海遊館海洋生物研究所以布利センター)
一般公開が再開され、水槽の中を悠々と泳ぐジンベエザメ(土佐清水市の大阪海遊館海洋生物研究所以布利センター)

(高知新聞 2022 年 7 月 18 日掲載)

土佐清水市以布利の大阪海遊館海洋生物研究所以布利センターはこのほど、5月下旬から休止していたジンベエザメの一般公開を再開した。新たに入った3匹が悠々と泳ぐ姿が見られ、来場者を楽しませている。

3匹はいずれも子どもの雄で、体長は3~4・6メートル。6月に室戸沖の定置網に入り、同センターの水槽内で餌付けなどをトレーニングしてきた。健康状態も良好だったことから16日に一般公開した。

同センターは漁業者の協力を得て捕獲されたジンベエザメを飼育し、生態解明を続けている。5月22日までは体長5・1メートルの雌を公開していたが、研究が一段落したため海に放流し、新しい個体が入るまで公開を休止していた。

公開は土日祝日の午前9時~午後3時で無料。午前10時半と午後2時には餌やりも見学できる。同館は「ジンベエザメを見て、多種多様な命を育む海に思いをはせてもらえるとうれしい」としている。(小笠原舞香)

 

高知のニュースは高知新聞Plusでご覧いただけます。

 

この記事の著者

森本 裕文

森本 裕文

高1の長男、中2の長女の4人家族。理論派のO型組(私と長女)と、感覚派のB型組(妻と長男)でいつも楽しく抗争中。1979年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。