くらし
アイコン:くらし
HOMEくらしプレゼント【プレゼント】絵本「アンデルセンの夢の旅」を3人に(提供=西村書店)

【プレゼント】絵本「アンデルセンの夢の旅」を3人に(提供=西村書店)

ココハレでは、皆さんの子育てをサポートするアイテムをプレゼントしています。

今回は、アンデルセン童話の名場面を巧みに織り込んだ伝記絵本「アンデルセンの夢の旅」を 3 人にプレゼントします。応募の締め切りは 2020 年 11 月 25 日(水)です。詳しい応募方法はページの最後をご覧ください。

絵本「アンデルセンの夢の旅」

ハインツ・ヤーニッシュ
マーヤ・カステリック
天沼 春樹
出版社 西村書店
対象年齢 小学 3 年から
発売日 2020 年 11 月
サイズ A4変型
ページ数 50 ページ
本体価格 1,800 円+税

作品紹介

「なにかお話を聞かせて!」馬車に乗り合わせた少女にせがまれ、ひとりの乗客が語り始めたのは…。

まずしい靴屋の息子のハンスが、たった一人でコペンハーゲンに旅立つところからその物語は始まります。

歌ったり、おしばいをしたいという少年の夢は途中で挫折しましたが、苦労のすえ、お話を書くことで、ついに自分の王国を手に入れます。

この少年こそ、人々の心に残る童話をたくさん書いたハンス・クリスチャン・アンデルセンだったのです。

『空とぶトランク』や『親指姫』『みにくいアヒルの子』『はだかの王様』『雪の女王』など、アンデルセン童話の名場面をたくみに織り込んだ「童話の王様」アンデルセンの伝記絵本です。

著者紹介


ハインツ・ヤーニッシュ(Heinz Janisch)
1982 年よりオーストリア放送協会に勤務し、「Menschenbilder」シリーズの責任編集者を務める。著書は 25 以上の言語に翻訳されている。オーストリア児童文学賞、ボローニャ・ラガッツィ賞など受賞多数。


マーヤ・カステリック(Maja Kastelic)
フレスコ画の修復家として働いたのち、子どもの絵本のイラストに専念。ミュンヘン国際児童図書館目録ホワイト・レイブンズに作品が選定され、ボローニャ国際絵本原画展に入選している。


天沼 春樹(あまぬま はるき)
作家・翻訳家・ドイツ文学者。『グリム童話全集』『アンデルセン童話全集(全3巻)』(いずれも西村書店)の翻訳をはじめ、幻想小説でも独自の世界を描く。

金高堂本店・亥角理絵店長の「ココがオススメ!」

亥角店長

海外作品の児童書を多く手がけている出版社・西村書店の翻訳絵本です。近年「大人が楽しめる絵本」が各出版社から多数出版されていますが、こちらも子どもたちが自分で読んで楽しむというより、「かつて子どもだったお父さんお母さんがじっくり読む絵本」と言った方がいいかもしれません。昔感じた、外国童話を読んだ時の懐かしい感覚を思い出しながら、読んでいただきたい 1 冊です。

 

 

プレゼント概要

商品名:絵本「アンデルセンの夢の旅」

当選者数: 3 人

提供:西村書店

締め切り: 11 月 25 日(水)

応募方法:LINEのトーク画面で、①絵本「アンデルセンの夢の旅」プレゼント希望、②応募者の氏名、を書いてメッセージを送ってください

当選発表:当選者にメッセージで連絡します

受け渡し:当選者に郵送します

※ココハレLINE公式アカウントと友だちになるにはこちらから

関連するキーワード

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員6人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。