くらし
アイコン:くらし
HOMEくらしプレゼント※終了しました【プレゼント】絵本「こけももむらのゆうびんやさん」を3人に(提供=岩崎書店)

※終了しました【プレゼント】絵本「こけももむらのゆうびんやさん」を3人に(提供=岩崎書店)

ココハレでは、皆さんの子育てをサポートするアイテムをプレゼントしています。

今回は、ねずみたちが暮らす「こけももむら」の世界観がかわいい絵本「こけももむらのゆうびんやさん」を 3 人にプレゼントします。応募の締め切りは 2021 年 2 月 3 日(水)です。詳しい応募方法はページの最後をご覧ください。

絵本「こけももむらのゆうびんやさん」

ぶん よこた あきこ
みなみ あきこ
出版社 岩崎書店
対象年齢 幼児
発売日 2020 年 12 月
サイズ A4変型
ページ数 32 ページ
本体価格 1,300 円+税

作品紹介

れたーくんは なりたてほやほやの ゆうびんやさん。
こけももむらに来てはじめての配達に、はりきって出かけます!

こけもも郵便局を出発し
こけももレストラン、市場、もーもー牧場、おつきみ池、ちゅーちゅー新聞社……
いろんな所へゆうびんを届けます。

そこへ、宛名がかすれて読めないてがみを見つけました。
なんとかしてそれを届けようと、れたーくんは村のみんなに聞いてまわります。
はたして、届けぬしは見つかるでしょうか?

細部まで丁寧に描かれたミニチュアの世界観がとてもかわいい、
こけももむらのおはなしです。

著者紹介

ぶん
よこたあきこ
1957 年東京都生まれ。学習院大学文学部卒業。主な作品に「カホのいれかわり大パニック」(岩崎書店)、「手と手をぎゅっとにぎったら」(佼成出版社)、「アサギマダラの手紙」(国土社)など。「四重奏(カルテット)デイズ」(岩崎書店)で第 4 回児童ペン賞少年小説賞を受賞。

ねずみたちが活躍する「こけももむら」の世界を、見て読んで楽しんでもらえたらと思いながら書きました。

 


みなみあきこ
1985 年神奈川県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。子ども向けの文具雑貨メーカーを経て、お茶のパッケージメーカーにデザイナーとして勤務しつつ、フリーのイラストレーターとしても活動。本作が絵本画家デビュー作。

れたーくんに寄り添いながら、小さなねずみたちの暮らしをできるだけ丁寧に描きました。

金高堂本店・亥角理絵店長の「ココがオススメ!」

亥角店長

ねずみたちが暮らす「こけももむら」。初めての配達に張り切って出かけたれたーくんと、彼をとりまく村の人たちの心温まるストーリー。隅々まで細かく描かれたイラストを見ながら、お子さんと一緒にこけもも村の探検もできそうですよ。シリーズ化を期待したい、よこたあきこさんの新作です。

 

 

プレゼント概要

商品名:絵本「こけももむらのゆうびんやさん」

当選者数: 3 人

提供:岩崎書店

締め切り: 2 月 3 日(水)

応募方法:LINEのトーク画面で、①絵本「こけももむらのゆうびんやさん」プレゼント希望、②応募者の氏名、を書いてメッセージを送ってください

当選発表:当選者にメッセージで連絡します

受け渡し:当選者に郵送します

※ココハレLINE公式アカウントと友だちになるにはこちらから

関連するキーワード

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員6人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。