くらし
アイコン:くらし
HOMEくらし高知のニュース世界的ダンサー・菅原小春さん「私、高知に引っ越しました」|高知の1週間(2021年8月7~13日)

世界的ダンサー・菅原小春さん「私、高知に引っ越しました」|高知の1週間(2021年8月7~13日)

「高知の 1 週間」では、子育てだけでなく、日々の暮らしで知っておきたい高知に関連するニュースのポイントを 1 週間分まとめて紹介します。

香美市土佐山田町逆川の太古の鍾乳洞・龍河洞が 9 日、開洞 90 周年を迎えました。地底に広がる雄大な景観美は人々を魅了し続け、この夏も大勢の人が訪れています。

今週のイチ押しは「私、高知に引っ越しました」。世界的ダンサーで、NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演中の菅原小春さんがひょっこり、高知城下に現れました。

高知県の最低賃金28円上げ、820円へ 地方審が中央の目安で答申

(高知新聞 2021 年 8 月 7 日掲載)

高知地方最低賃金審議会(近藤啓明会長)は6日、2021年度の高知県最低賃金(地域別最賃)を現在の時給792円から28円(3・54%)引き上げ、820円とするよう柳沢恭仁・高知労働局長に答申した。28円は、中央最低賃金審議会が7月に示した引き上げ額の目安通り。現行制度となった02年度以降で、19年度と並んで最大の上げ幅になる。

まんが甲子園、宇都宮文星女子が最優秀 2位に高知商

最優秀賞に輝いた宇都宮文星女子高の作品(まんが甲子園特設サイトから)
最優秀賞に輝いた宇都宮文星女子高の作品(まんが甲子園特設サイトから)

(高知新聞 2021 年 8 月 8 日掲載)

第30回全国高等学校漫画選手権大会「まんが甲子園」最終日は7日、オンラインで決勝戦を行い、栃木県の宇都宮文星女子高が最優秀賞に輝いた。新型コロナウイルスの感染拡大による昨年の中止を挟み、史上初の連覇。高知県勢の高知商業高が2位を獲得した。

ワクチン〝保険〟に古里へ 高知県内お盆休み 人波まばら

お盆に入ったものの、今夏も人波がまばらな改札口(JR高知駅)
お盆に入ったものの、今夏も人波がまばらな改札口(JR高知駅)

(高知新聞 2021 年 8 月 8 日掲載)

新型コロナウイルスの「第5波」が広がる中、高知県内で7日からお盆の帰省が始まった。空や陸の玄関は、昨夏よりは人波が多いものの、なおまばら。全国知事会は帰省や旅行の中止・延期を求めており、「ワクチン接種済み」を〝保険〟にして古里に戻る姿も目立った。

仁淀川町長選 古味氏が初当選

初当選を果たし、祝福される古味実氏=右(仁淀川町大崎)
初当選を果たし、祝福される古味実氏=右(仁淀川町大崎)

(高知新聞 2021 年 8 月 9 日掲載)

任期満了に伴う吾川郡仁淀川町長選は8日投開票され、無所属の新人で元町教育次長の古味実氏(57)が1785票を獲得し、無所属新人の元副町長、片岡広秋氏(62)=公明高知県本部推薦=を123票差で破って初当選を果たした。任期は28日から4年間。

高知の太古の鍾乳洞、龍河洞90周年 地底の景観美...魅了し続ける

瑠璃色に輝き、幻想的な雰囲気の「記念の滝」(香美市土佐山田町逆川の龍河洞)
瑠璃色に輝き、幻想的な雰囲気の「記念の滝」(香美市土佐山田町逆川の龍河洞)

(高知新聞 2021 年 8 月 9 日掲載)

香美市土佐山田町逆川の太古の鍾乳洞、龍河洞が9日、開洞90周年を迎えた。地底に広がる雄大な景観美は人々を魅了し続け、この夏も大勢の人が訪れている。

東京パラリンピック高知県勢3選手を激励「ベスト尽くして」 高知市で壮行会

東京パラリンピックに出場する県勢3選手を激励した壮行会。画面越しにエールを送った(高知市春野町内ノ谷)
東京パラリンピックに出場する県勢3選手を激励した壮行会。画面越しにエールを送った(高知市春野町内ノ谷)

(高知新聞 2021 年 8 月 11 日掲載)

今月24日開幕の東京パラリンピックに出場する県勢3選手にエールを送る壮行会が10日、高知市春野町内ノ谷の県障害者スポーツセンターで行われた。選手の関係者らが「今までの練習の成果を発揮して、ベストを尽くしてきて」と激励した。

パラに出場するのは、車いすラグビーの池透暢(ゆきのぶ)(41)、パラバドミントンの藤原大輔(27)、パラカヌーの小松沙季(26)の3選手。この日は県外の練習場などからリモートで参加した。

高知県内でデルタ株を初特定 7月の6人、「広がりつつある」

(高知新聞 2021 年 8 月 12 日掲載)

高知県は11日、県内で7月に感染が確認された6人が、国立感染症研究所の解析でデルタ株と特定されたと発表した。県内のデルタ株特定は初めて。

県内で1~10日に感染が確認された107人のうち41人(38・3%)にデルタ株の疑いがあるといい、県の川内敦文医監は「半数近くがデルタ株に置き換わっている可能性があり、市中に広がりつつある」と説明した。

コロナワクチン64歳以下接種「想定以下」 高知県内18市町村 副反応への不安背景

(高知新聞 2021 年 8 月 13 日掲載)

12~64歳の新型コロナワクチン接種について、高知新聞社が県内34市町村に8月上旬までの予約状況などを聞き取ったところ、18市町村が「希望者が当初の想定を下回っている」と回答した。予約が殺到した高齢者とは対照的で、副反応への不安などから若い世代ほど接種をためらう傾向も見られる。各市町村は8~11月に希望者への接種を完了させる予定だが、県全体の接種率がどこまで上がるかは見通せない。

【今週のイチ押し】世界的ダンサー・菅原小春さん「私、高知に引っ越しました」 よさこいが縁「エネルギーがある」

高知城下を散策する菅原小春さん。愛犬パクチーと一緒に(高知市の藤並公園)
高知城下を散策する菅原小春さん。愛犬パクチーと一緒に(高知市の藤並公園)

(高知新聞 2021 年 8 月 10 日掲載)

世界的ダンサーで、NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演中の菅原小春さん(29)=千葉県山武市出身=がひょっこり、高知城下に現れた。「私、高知に引っ越しました」

2年前、よさこい祭りへの飛び入り参加をきっかけに、この夏から東京との2拠点生活を始めたという。「高知の土地はすさまじいエネルギーがある。いい踊り、いい人のそばにいたい」

その話、もっと聞かせてもらえません?

□  □

「高知が肌に合ったんです」。世界中からオファーが殺到するダンサー、菅原さんが、日焼けした顔で笑う。2年前に初めてよさこい祭りに加わり、「踊りも人も豊か。ここならきっと、いいエネルギーを受けられる」。直感を信じて引っ越してきた。

「裕ちゃん、高知で家、探せる?」。引っ越しを決めたのは、東京のマンションの契約更新が1カ月後に迫った6月だったという。2年前に飛び入り参加したよさこいチーム「須賀IZANAI連」の国友裕一郎代表(43)に連絡した。

18歳で渡米し、海外を転々とする暮らしを続けてきた。それが昨年からのコロナ禍で世界は一変。「どうせなら、好きな人、踊りのある所へ行こう」。1日で物件を決め、2週間後に荷物を送った。

「食は最高。高知にはエネルギーがある。すごいリアルだと思ってる」

初めて高知に来たのは2019年の夏。友人のカメラマンに「小春、よさこいだぞ」と勧められた。国内外で名を知られるダンサーになっていた。「でも日本の祭りは無知だった」

よさこい本番の2日目。衣装を渡され、よく分からないまま地方車へ。「せいやー」。すさまじい爆音が響く中、老若男女が魂を一つにして踊り始めた。その姿に震えが止まらず、子どものように泣きじゃくった。

「私はずっと一人で踊ってると思った。けど、違った。仲間がいた。ダンサーとか肩書は関係なく、心が動くから体が動く。同じだって」

□  □

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」では、関西弁を話す車いすマラソンの選手を演じる。2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」の人見絹枝役以来のドラマ出演だ。

俳優としてのオファーはほとんど断ってきた。今回の出演は「朝ドラだと福島の98歳のおじいちゃんが喜ぶと思った」。ただ、慣れない関西弁と車いすでの演技は過酷で「毎朝、体が痛すぎて泣きわめきながら起きてた」という。

「それでも、やるなら自分しかできない役をしたい。結局、苦しい思いをしたいんですね、私」

小さい頃から数々のダンスコンテストで優勝してきた。勝つための見せ方も、人を引き付ける構成も分かってきたが、優劣をつけることに疑問も感じてきたという。

「ダンスはビジネスじゃない。うまい下手とか、ないはず」。そんなピュアな思いの先に、衝撃的なよさこい体験が待っていた。

「高知の子どもの鳴子踊りを見て泣いちゃった。幸せなリズムで踊ってるなって。鳴子鳴らす時に、命、加わってるなって。踊りの本質的なものがある。だから私は高知にいるのかな」(村瀬佐保)

この記事の著者

小笠原雄次

小笠原雄次

息子と娘はすでに成人。孫ができるのはいつになるか。趣味はテニス。体調管理も兼ねてプレイしてます。1963年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。