くらし
アイコン:くらし
HOMEくらし高知のニュース高知のニュースをまとめて紹介|高知の1週間(2020年11月8~14日)

高知のニュースをまとめて紹介|高知の1週間(2020年11月8~14日)

「高知のニュース」では、子育てだけでなく、日々の暮らしで知っておきたい高知に関連するニュースのポイントを 1 週間分まとめて紹介します。

一番最後にお届けするニュースは、ココハレ編集部イチ押しの、心が“ほっこり”温まる話題です。お子さんとの会話のヒントにいかがですか?

高知Uがホーム初勝利 サポーター「この瞬間に立ち会えて幸せ」

高知Uのホーム初勝利を見届け、イレブンに拍手を送るサポーター(高知市の春野陸上競技場)
高知Uのホーム初勝利を見届け、イレブンに拍手を送るサポーター(高知市の春野陸上競技場)

(高知新聞 2020 年 11 月 9 日夕刊より)

ようやく訪れた歓喜の瞬間に、高知市の春野陸上競技場が沸いた。8日夜に行われたサッカーJFL(日本フットボールリーグ)第27節で、高知ユナイテッドSC(高知U)がMIOびわこ滋賀を3―0で撃破し、ホーム初勝利を挙げた。496人のサポーターも「この瞬間に立ち会えて幸せ」。待ちに待った喜びをかみしめた。

高知出身・阪神の藤川球児投手 引退登板3人締め 甲子園

9回、引退試合の登板を終えスタンドの声援に応える阪神の藤川球児投手(甲子園球場)
9回、引退試合の登板を終えスタンドの声援に応える阪神の藤川球児投手(甲子園球場)

(高知新聞 2020 年 11 月 11 日朝刊より)

プロ野球阪神の藤川球児投手(40)が10日、兵庫県西宮市の甲子園球場で巨人との引退試合に臨み、0―4の九回に登板して直球だけで打者3人を仕留め、22年間の現役生活最後のマウンドを終えた。試合後には引退セレモニーが行われ、家族やファンら、周囲への感謝を述べ、「皆さんのおかげで最高の野球人生を送ることができました」と笑顔であいさつした。

高知市が同性カップル公認へ 来年2月 県内初パートナー制度

(高知新聞 2020 年 11 月 11 日朝刊より)

高知市は、同性カップルらを男女の夫婦と同等の関係と認める「パートナーシップ制度」を来年2月から導入する。高知県内の自治体では初めて。岡﨑誠也市長が10日の記者会見で表明し、「あらゆる多様性を緩やかに認めていく社会を目指す」と話した。

パートナーシップ制度は、LGBTなど性的少数者の差別解消を図る目的で2015年に東京都渋谷区が導入したのを皮切りに、10月1日時点で全国60の自治体が導入している。高知市もNPOの要望や署名を受けて検討していた。

高知市の制度は、「2人とも成人」など条件を満たす同性カップルらから申請があった場合、市が「パートナー」として登録し、証明書などを発行。市が行う公共サービスで夫婦と同じ扱いが受けられるようにする。

技研社長に森部副社長 北村社長は代取会長に

森部慎之助氏
森部慎之助氏
北村精男氏
北村精男氏

(高知新聞 2020 年 11 月 13 日朝刊より)

圧入機メーカーの技研製作所(高知市布師田)は12日の取締役会で、北村精男・代表取締役社長(80)が代表取締役会長に就任し、後任に森部慎之助・取締役副社長(69)が昇格する人事を内定した。25日開催の定時株主総会と取締役会で正式決定する。

北村氏は香南市(旧香美郡赤岡町)出身。1967年に前身の高知技研コンサルタントを創業した。杭(くい)打ち機の騒音が問題になる中、地中に埋めた杭が容易に引き抜けないのをヒントに、無振動・無騒音で杭を押し込む圧入機「サイレントパイラー」を開発した。

78年、技研製作所を設立。圧入工法は護岸やため池、道路などの工事に広く採用され、2017年には県内製造業で初めて東証1部に上場。同社は北村氏一代で売上高246億円余り=20年8月期連結決算=の企業へと育った。

今週の“ほっこり” 「鬼滅の刃」禰豆子の気持ち?

(高知新聞 2020 年 11 月 12 日朝刊より)

土佐蒲鉾が「竹ちくわ」児童養護施設に寄贈

高知市長浜の「土佐蒲鉾(かまぼこ)」が11日、児童養護施設「子供の家」(同市相生町)で暮らす子どもに「竹ちくわ」45袋を贈った=写真。

竹ちくわは、人気漫画「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の主要キャラの禰豆子(ねずこ)が口にくわえている竹をヒントに同社が商品化。子どもたちは早速、ちくわを口にくわえ「禰豆子になった気持ち!」と喜んでいた。

関連するキーワード

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員6人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。