イベント
アイコン:おでかけスポット
HOMEイベント親子でおでかけ越知町の横倉山自然の森博物館で「つなげ!高知の少ない生きものたち」が展示されています

越知町の横倉山自然の森博物館で「つなげ!高知の少ない生きものたち」が展示されています

越知町の横倉山自然の森博物館で「つなげ!高知の少ない生きものたち」が展示されています

高知県立牧野植物園の巡回展「つなげ!高知の少ない生きものたち」が、高岡郡越知町の越知町立横倉山自然の森博物館で開かれています。2022 年 5 月 15 日(日)まで。

高知県に生息し、絶滅が心配されている生き物を写真と剥製で紹介しています。「高知県で絶滅が心配されているほ乳類や鳥類などの実物標本が見られるのは珍しい」とのことです。

4 月 29 日(金・祝)、5 月 1 日(日)は関連イベントが開かれます。

(記載されている内容は 2022 年 3 月 14 日時点のものです)

イベント概要

イベント名 つなげ!高知の少ない生きものたち~牧野植物園巡回展~
運営 越知町立横倉山自然の森博物館
開催期間 2022 年 5 月 15 日(日)まで
開催場所 越知町立横倉山自然の森博物館(高知県高岡郡越知町越知丙 737-12)
電話番号 0889-26-1060
利用時間 開館時間:9:00 ~17:00(最終入館は 16:30)
月曜日は休館(3 月 21 日と 5 月 2 日は開館)
ご利用方法 入館料:一般 500 円、大学生・高校生 400 円、小中学生 200 円、小学生未満は無料
※企画展のポスター画像かチラシを受け付けで見せると、入館料が 100 円引きされます
駐車場 無料
URL http://www.town.ochi.kochi.jp/yakuba/yokogura/info/3972.htm

マップ

詳細情報

身近な生き物の調査方法を紹介!今年の夏休みの自由研究に役立つかも?!

展示では、絶滅が心配されている動物だけでなく、身近にいるセミやツバメなどの調査方法も紹介しています。夏休みの自由研究のきっかけが見つかるかも?!

動物の剥製やパネルで絶滅が心配されている動物たちを紹介しています
動物の剥製やパネルで絶滅が心配されている動物たちを紹介しています
身近な生き物の調査方法を詳しく説明しています
身近な生き物の調査方法を詳しく説明しています

関連イベントとして講演や自然観察会が行われます(要予約)

講演会「横倉山でみられる絶滅危惧種」

牧野植物園研究員と博物館の学芸員が講師を務めます。

  • 日時:4 月 29 日(金・祝)13:00 ~14:30
  • 定員:15 人
  • 参加費:博物館の入館料
  • 申し込み:電話で、3 月 29 日~ 4 月 28 日に受け付け

自然観察会「横倉山の絶滅危惧種を守る取り組み」

受け付け後、横倉山第 3 駐車場まで各自の車で移動します。駐車場から「空池」まで、1 時間ほど徒歩で移動します。講師は高知県林業振興・環境部自然共生課の職員さんらが務めます。

  • 日時:5 月 1 日(日)9:30 ~14:30
  • 定員:15 人
  • 参加費:博物館の入館料
  • 申し込み:電話で、4 月 1 日~ 30 日に受け付け

※写真は主催者の提供です

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。