イベント
アイコン:おでかけスポット
HOMEイベントセミナー・勉強会土佐市の「つなーで」で土佐市民協働大学|わが子を亡くしたママのコミュニティー「twinkle-mom」の河原由美子さんが登場します

土佐市の「つなーで」で土佐市民協働大学|わが子を亡くしたママのコミュニティー「twinkle-mom」の河原由美子さんが登場します

土佐市の「つなーで」で土佐市民協働大学|わが子を亡くしたママのコミュニティー「twinkle-mom」の河原由美子さんが登場します

土佐市の活性化に取り組むNPO法人「トサシカケNITARI(ニタリ)」が企画する土佐市民協働大学が 2022 年 7 月 21 日(木)、土佐市高岡町乙の市文化複合施設「つなーで」で開かれます。

講師は横浜市在住の河原由美子さん。2018 年に当時 3 歳だった三男を急性脳症で亡くしました。2020 年に三男を主人公にした絵本「ママ、ぼくがきめたことだから」を出版。「お子さんを亡くしたママのコミュニティ twinkle-mom(トゥインクル・マム)」を開設し、男女共同参画センター「横浜フォーラム」(横浜市)の自助グループとして活動しています。

当日は絵本の寄贈とお話会を予定しています。フォームから申し込んでください。

(記載されている内容は 2022 年 7 月 15 日時点のものです)

イベント概要

イベント名 土佐市民協働大学Vol.7
運営 NPO法人トサシカケNITARI
開催期間 2022 年 7 月 21 日(木)
開催場所 土佐市複合文化施設「つなーで」(高知県土佐市高岡町乙 3451-1 )
電話番号 090-1969-0827(斎藤さん)
利用時間 11:00~12:00
ご利用方法 定員:20 人
受講料:無料
申し込み:下記のURLにあるフォームから申し込んでください
駐車場 あり
URL https://www.facebook.com/events/1009931162998708/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2252%22%2C%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22share_link%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22share_link%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A%7B%5C%22invite_link_id%5C%22%3A373114691604921%7D%7D]%22%7D

マップ

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。