子育て
アイコン:子育て
HOME子育て特集編集部おすすめよさこい鳴子踊り特別演舞、子連れで見るには?よさこい担当記者・竹内がおすすめ会場を紹介します

よさこい鳴子踊り特別演舞、子連れで見るには?よさこい担当記者・竹内がおすすめ会場を紹介します

よさこい鳴子踊り特別演舞、子連れで見るには?よさこい担当記者・竹内がおすすめ会場を紹介します

「 2022 よさこい鳴子踊り特別演舞」が 2022 年  8 月 10 日(水)と 11 日(木・祝)に開催されることが正式に決まりました。通常の祭りではありませんが、3 年ぶりの開催とあって、高知市内では準備が進んでいます。

暑さ、そして新型コロナウイルスの感染状況が心配される中、子どもを連れて見るのにおすすめの会場は?ココハレ編集部員で、高知新聞でのよさこい取材歴 10 年の竹内が紹介します。

※8 月10 日 14:00 更新。秦、万々、帯屋町、中央公園、高知城会場の様子を追記しました。

【New!】8月10日午後の秦、万々、帯屋町、中央公園、高知城の様子を取材しました!

ココハレ編集部が 8 月 10 日のスタート時に、秦、万々、帯屋町、中央公園、高知城を取材しました。混雑具合など参考になさってください!

イオンモール高知の駐車場に設置されています。今年は観覧席はありませんが、屋根付きの観覧スペースがあります。立ち見です。比較的空きがあり、子連れの姿もちらほら。暑さに疲れたら、イオン内で涼めます。

12:50撮影
12:50撮影
踊り子との距離の近さも魅力
踊り子との距離の近さも魅力

万々

桟敷席があり、1 席ずつ空けて座ります。日なたはかなり空いていて、日傘や扇風機を持って見ると、一番密を避けられそうです。
地元の商店などが出店を出しており、小腹が空いた時にもおすすめです。

13:50撮影
13:50撮影
桟敷席は1席ずつ空けて座ります
桟敷席は1席ずつ空けて座ります
19:10撮影。夜はにぎわっていました
19:10撮影。夜はにぎわっていました

帯屋町

座っての観覧は感染対策で禁止されていますが、例年通りの様子でした。他会場よりも涼しいですが、密にはなりやすいです。

13:15撮影
13:15撮影

中央公園

今年は例年のようなステージは組まれていません。大型テントの下は混雑しています。お子さんは見づらいかもしれません。普段の中央公園のイベントのように、屋台も出ていました。

13:00撮影
13:00撮影
最前列と踊り子さんの距離はこんな感じです
最前列と踊り子さんの距離はこんな感じです

高知城

ステージ前にいすを設置。距離を保って見られますが、暑いです。木陰からでも楽しめます。

12:40撮影
12:40撮影
15:30撮影。日陰が増え、心地よい風も吹き、見やすくなっていました
15:30撮影。日陰が増え、心地よい風も吹き、見やすくなっていました

各会場に検温テントが設けられています。一定時間とどまって観覧する人に、検温を呼び掛けています。検温した人は腕にリストバンドを着けていました。

中央公園の検温テント。北側の入り口にありました
中央公園の検温テント。北側の入り口にありました

2022年の特別演舞は12会場で行います

新型コロナウイルスの感染拡大で、よさこい祭りは 2020 年夏から 2 年連続で中止となりました。

2022 年のよさこいは正式な「第 69 回よさこい祭り」ではなく、「特別演舞」という名称で開催されます。会場は例年の 16 カ所のうち、4 カ所がお休み。約 200 チームあった参加団体は 99 チームとなります。

※参加は 96 チームとなりました( 8 月 10 日追記)

2022 年特別演舞の会場

  • 追手筋
  • 帯屋町
  • 京町
  • 中央公園
  • 高知城
  • 万々
  • 上町
  • 高知駅前
  • はりまや橋
  • 柳町

2022 年はお休みの会場

  • 菜園場
  • 愛宕
  • 升形
  • 梅ノ辻
特別演舞の会場地図。菜園場、愛宕、升形、梅ノ辻はお休みなのでご注意を!
特別演舞の会場地図。菜園場、愛宕、升形、梅ノ辻はお休みなのでご注意を!

それでは、年長児と年少児の母で、よさこいをこよなく愛するココハレ編集部員・竹内が子ども連れにおすすめの会場をご紹介します!

【秦(イオンモール高知)】暑さをしのぎ、食事もできる!トイレやベビールームも助かります

竹内
イオンモール高知の競演場。暑さに疲れても休憩が取りやすく、子ども連れやお年寄りに優しい会場です

 

秦(はだ)会場はイオンモール高知の本館東側の駐車場に演舞場が設置されます。高知市中心部の会場からは少し離れますが、駐車場があって、イオン内は冷房が効いていて、フードコートがあって、多目的トイレやベビールームが充実していて…と、子ども連れにぴったりの条件がそろっています。

観覧席は今年は設置されませんのでご注意ください。

【秦会場】

  • 住所:高知市秦南町 1 丁目 4-8 、イオンモール高知(本館東側の駐車場に演舞場を設置)
  • 長さ:200 メートル
  • 時間:12:30~20:30(予定)
  • アクセス:JR高知駅北口バスターミナルからバスで約 10 分
  • 駐車場:あり
秦会場。隣はイオン。子ども連れに心強いですね
秦会場。隣はイオン。子ども連れに心強いですね

【万々】競演場は長さ400メートル!密を避けて見られます

竹内
距離が長く、すいているエリアもあり、ゆったり観覧できます。

 

万々会場は万々商店街にあり、長さは約 400 メートル。エリアによっては比較的すいていて、ゆったりソーシャルディスタンスを取りつつ観覧できるとみられます

会場専用の駐車場はありませんが、JR円行寺口駅からは約 140 メートルと、歩いてすぐの距離。列車好きなお子さんなら、JRを利用がてらいかがでしょうか?

屋根や日陰はあまりないので、帽子やハンディ扇風機での暑さ対策をおすすめします!

万々会場

  • 住所:高知市南万々~中万々の万々商店街(四国銀行万々支店前~うどん処ゆたか前)
  • 長さ:約 400 メートル
  • 時間:12:30~21:30(予定)
  • アクセス:JR円行寺口駅から北へ約 140 メートル
  • 駐車場:なし。周辺の有料駐車場を利用してください
万々会場。街自体の素朴な雰囲気も楽しんでください
万々会場。街自体の素朴な雰囲気も楽しんでください

【追手筋】よさこいのシンボル的会場!桟敷席は有料ですが、座って見られるのは助かります

竹内
桟敷席で座って快適に見られます。演舞のタイムテーブルが決まっているので、お目当てのチームに確実に会えますよ!

 

追手筋はよさこいのシンボル的な会場で、桟敷席で座って快適に見られます。今年は「よさこい大賞」などを決める本部審査はありませんが、踊り子にとってはやはり特別。迫力のある踊りを楽しめます

今年は自由席はなく、全席有料ですのでご注意ください。

追手筋会場

  • 住所:高知市追手筋 2 丁目(追手前高校前~土佐女子中高校前)
  • 長さ:350 メートル
  • 時間:13:15~21:30(予定)
  • 桟敷席:全席指定 1500 円。今年は自由席はありません。時間は例年の昼夜 2 部制から 4 部制に変更されます。昼 1 部は 13:15~14:45 、昼 2 部は 15:25~16:55 、夜 1 部は 17:35~19:05 、夜 2 部は19:45~21:15
  • アクセス:とさでん交通「大橋通」電停から北へ約 240 メートル
  • 駐車場:なし。周辺の有料駐車場を利用してください
  • 桟敷席の問い合わせ高知市観光協会(088-823-4016)
追手筋会場。座って見られるのは魅力ですね
追手筋会場。座って見られるのは魅力ですね

混雑具合を見ながら、よさこいの夏を楽しみましょう!

感染対策として、主催のよさこい祭振興会は全 12 会場の計約 40 カ所に観客向け検温テントを設置。一定時間とどまって観覧する人に検温を呼び掛け、体調に問題がなければ、腕にリストバンドを着けてもらいます。さらに会場ごとに手指消毒やマスク着用も呼び掛けます。

帯屋町、はりまや橋、中央公園は人気会場ですが、今年はどれぐらいの人が集まるのかが予想しづらい状況です。混雑具合を見ながら、無理をしない範囲でよさこいの夏を楽しんでください。

高知新聞Plusでは「『よさこい鳴子踊り特別演舞』12 会場はこちら!」で全 12 会場の情報を紹介しています。参考にしてくださいね。

暑さ対策、感染対策を取りながら、よさこいを楽しんでください!
暑さ対策、感染対策を取りながら、よさこいを楽しんでください!

竹内は 6 月に札幌市で開かれた「YOSAKOIソーラン祭り」も密着取材しました。高知と北海道のよさこいについて、高知新聞Plusで「ヨサコイ不思議発見」を連載しています。「へえぇ」と驚く話が満載!こちらもぜひご覧ください!

高知新聞Plus「高知県民は誤解している…ソーラン関係者の高知リスペクトがすごい ヨサコイ不思議発見!①」

2022 年のよさこいの情報はこちらで紹介しています

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。