イベント
アイコン:おでかけスポット
HOMEイベント親子でおでかけ四万十町で「道の駅四万十とおわ15周年感謝フェア」|ヨーヨー釣りやグルメの出店、餅投げがあります!

四万十町で「道の駅四万十とおわ15周年感謝フェア」|ヨーヨー釣りやグルメの出店、餅投げがあります!

四万十町で「道の駅四万十とおわ15周年感謝フェア」|ヨーヨー釣りやグルメの出店、餅投げがあります!

高岡郡四万十町の「道の駅四万十とおわ」で 2022 年 7 月 1 日(金)~ 3 日(日)、「道の駅四万十とおわ 15 周年感謝フェア」が開かれます。15 周年を記念した特典が用意され、さまざまなグルメが出店されます。

ヨーヨー釣り、子ども安全免許証の無料発行、ジオラマづくり体験など、子ども向けのイベントもあります。

7 月 3 日(日)は、14:30 から餅投げが行われます。奧伊予、四万十街道全ての道の駅が集結し、特産品を販売します。

(記載されている内容は 2022 年 6 月 9 日時点のものです)

お子さま連れの方へ

  • 多目的トイレにおむつ台があります

イベント概要

イベント名 道の駅四万十とおわ 15 周年感謝フェア
運営 道の駅四万十とおわ
開催期間 2022 年 7 月 1 日(金)~ 3 日(日)
開催場所 道の駅四万十とおわ(高知県高岡郡四万十町十和川口 62-9)
電話番号 0880-28-5421
利用時間 とおわ市場:8:30 ~17:00
とおわのアイス屋さん:10:00 ~15:00
とおわ食堂:平日 11:00 ~14:30、土日祝 11:00 ~15:00
駐車場 あり
URL http://toowashimanto.jp/event/post-657/

マップ

詳細情報

7月1~3日にさまざまなイベントが行われます

7 月 1 日(金)~ 3 日(日)の出店名と商品などの詳細はこちら。

  • 「とおわ市場」で 1000 円以上購入するとプレゼントがもらえます。15 周年セットが販売されます
  • 「とおわ食堂」の「十和かご膳」が特別価格で味わえます
  • 「とおわのアイス屋さん」でオリジナルグッズが販売されます。スタンプカードが始まります
  • 「小松精肉店」:牛串、豚串、鶏串など
  • 「四万十川ジップライン」:ヨーヨー釣り 150 円、おもちゃのアヒル 200 円
  • 「shimantoおちゃくりcafe」:15 周年セットを数量限定で販売します

7 月 2 日(土)、3 日(日)のみ開かれるイベントはこちら。

  • 「とおわのアイス屋さん」で「四万十川でカリーパン」を 5 個買うと、オリジナルトートバッグがもらえます。各日 100 セット限定
  • 「アリス工芸」:ジオラマづくり体験ができます。所要時間は 20 ~ 30 分、料金は 350 ~ 650 円
  • 「とんぼ玉工房」:とんぼ玉ブレスレット

7 月 3 日(日)のみ開かれるイベントはこちら。

  • 餅投げ:14:30 から餅投げが行われます
  • 「JAF高知支部」:5 キロで走行した場合の模擬衝突を体験できる体験車がやってきます。対象は身長 100 センチ以上。子ども安全免許証の無料発行もあります。年齢制限はありません
  • 「道の駅あぐり窪川」:あぐりの豚まん
  • 「十和おかみさん市」:赤飯、すし、餅など
  • 「トコトコ屋」:自家製シロップかき氷、自家製シロップ炭酸割り
  • 「風工房」:ケーキ
  • 奧伊予、四万十街道全ての道の駅が大集合:7 つの道の駅が特産品を販売します
「四万十川ジップライン」による、おもちゃのアヒル:200 円
「四万十川ジップライン」による、おもちゃのアヒル:200 円
「アリス工芸」の工作:各種 350 ~ 650 円
「アリス工芸」の工作:各種 350 ~ 650 円

6月17~19日「パンフェア」、7月10日「松鶴堂」が出店します

関連イベントはこちら。

  • 「とおわパンフェア」:6 月 17 日(金)~19 日(日)10:00 から、ようかんパンや四万十バーガー、フルーツサンドなどが販売されます。※出店販売はありません
  • 「松鶴堂」:7 月 10 日(日)11:30 ~16:00、四万十川を眺めながら本格的な抹茶と、四万十町の老舗和菓子屋「松鶴堂」のお菓子を楽しめます。料金は 300 円。定員は 80 人。予約は「道の駅とおわ」まで。12 時から 1 時間おきに茶道のデモンストレーションもあります
  • 「四万十流域バイキング」:「とおわ食堂」で毎週木曜日 11:00 ~ 14:30。中学生以上 1300 円、小学生以下 600 円、3 歳未満無料。65 歳以上は「シニア割」で 1000 円です

※写真は主催者の提供です

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。