イベント
アイコン:おでかけスポット
HOMEイベント親子でおでかけ高知県立文学館で「ふしぎいろいろ展」|物理学者・寺田寅彦の科学随筆の魅力は?五感を使った展示で迫ります

高知県立文学館で「ふしぎいろいろ展」|物理学者・寺田寅彦の科学随筆の魅力は?五感を使った展示で迫ります

高知県立文学館で「ふしぎいろいろ展」|物理学者・寺田寅彦の科学随筆の魅力は?五感を使った展示で迫ります

高知県立文学館(高知市丸ノ内1丁目)の企画展「寺田寅彦『茶わんの湯』100 年 ふしぎいろいろ展」が 2022 年 9 月 17 日(土)から始まります。

寺田寅彦は「天災は忘れられたる頃来る」という名言で知られる物理学者です。今年は寅彦が執筆した子ども向けの随筆「茶わんの湯」の発表から 100 年。企画展では「観察めがねでエクササイズ」など、五感を使った展示を通して、寅彦の科学随筆の魅力迫ります。

実験やおはなしキャラバンなど、関連企画も予定されています。

(記載された内容は 2022 年 9 月 9 日時点のものです)

イベント概要

イベント名 寺田寅彦「茶わんの湯」100年 ふしぎいろいろ展
運営 高知県立文学館
開催期間 2022 年 9 月 17 日(土)~ 11 月 20 日(日)
開催場所 高知県立文学館(高知県高知市丸ノ内 1 丁目 1-20 )
電話番号 088-822-0231
利用時間 9:00 ~17:00(入館は 16:30 まで)
会期中は無休です
ご利用方法 観覧料:400 円、高校生以下は無料です
駐車場 近くの有料駐車場を利用してください
URL https://www.kochi-bungaku.com/exhibition/7660/

マップ

詳細情報

「寅彦の実験」「おはなしキャラバン」など関連企画が予定されています

関連企画として、「寅彦の実験やってみよう」「おはなしキャラバン」などが予定されています。

寅彦の実験やってみよう

寅彦が観察した自然の不思議を、実験で確かめます。

  • 日時:10 月 2 日(日)、9 日(日)14:00~15:30
  • 場所:文学館 1 階ホール
  • 定員:30 人
  • 参加費:当日の観覧券が必要です
  • 申し込み:電話か受け付けで申し込んでください

 

おはなしキャラバン「まいにちふしぎいろいろ」

絵本や紙芝居で「ふしぎ」を感じます。

  • 日時:10 月 1 日(土)、11 月 5 日(土)14:00~14:30
  • 場所:文学館 1 階・こどものぶんがく室
  • 参加費:無料
  • 申し込み:直接会場までお越しください

 

このほか、記念講演会も予定されています。詳しくは高知県立文学館のウェブサイトをご覧ください。

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。