子育て
アイコン:子育て

くもんの先生、子育てしながらでもできる?2歳児を育てるママの働き方|高知の「くもんの先生」に聞きました①〈PR〉

くもんの先生、子育てしながらでもできる?2歳児を育てるママの働き方|高知の「くもんの先生」に聞きました①〈PR〉

公文式の「くもんの先生」の実際は?子育て中の先生をココハレ編集部が深掘りします!

公文の教室で子どもたちを指導する「くもんの先生」。自分の教室を開き、子ども一人一人に合った「ちょうどの学習」をサポートしていく仕事です。

子育て中のママにもぴったりの仕事…と聞きますが、本当に?

シリーズ「くもんの先生に聞きました」では、ココハレ編集部が高知県内で子育て中の先生を深掘りします。

第 1 回は「子育てとの両立」。教室には小中学生が通うので、「夜働く」というイメージがあります。2 歳の女の子のママ・畑山瑞希先生に聞きました。

(提供=公文教育研究会)

※記載されている内容は 2024 年 5 月 14 日時点のものです。

【教室】神奈川から高知へ。自宅で針木東町教室を運営しています

今回、ココハレ編集部がお話を聞いたのは畑山瑞希先生。小学校教諭の夫、2 歳 5 カ月の長女と暮らしています。

針木東町教室の畑山瑞希先生。子育てでココハレを活用しているそうで、「引っ越してきた頃は、公園や支援センターの情報をよく探しました」
針木東町教室の畑山瑞希先生。子育てでココハレを活用しているそうで、「引っ越してきた頃は、公園や支援センターの情報をよく探しました」

畑山先生は神奈川県の出身。幼稚園教諭を経て、神奈川県内でくもんの先生をしていました。

その後、夫と出会い、結婚、出産。

2022 年 3 月に夫の実家のある高知市に引っ越し、12 月に自宅に針木東町教室を開設しました。

針木東町教室。自宅に開設しています
針木東町教室。自宅に開設しています

そんな畑山先生の働き方は?

【スケジュール】教室は火曜日と金曜日、15:30~19:30

公文の教室は、週 2 回以上の開設となります。針木東町教室は火曜日と金曜日。時間は 15:30~19:30 です。

火曜日と金曜日の畑山家のスケジュールがこちら。

8:30 長女を保育園に送る
9:00 仕事スタート(採点、教室準備、事務仕事、PRなど)
合間に家事、お昼ご飯
晩ご飯は作っておく
15:30 教室がスタート
17:30 夫が仕事帰りに保育園にお迎え
帰宅後、お風呂と晩ご飯を担当
19:30 教室終了
片付けなど
20:00ごろ 仕事を終え、居住スペースに戻る
最近は長女が“パパ拒否”なので、一緒にお風呂に入ることも
21:00 長女を寝かしつけ
就寝後、ゆっくり晩ご飯

 

【両立のこつ】家事・育児を夫と分担。隙間時間を活用し、自分時間も大切に!

教室のある火曜日と金曜日は 20:00 頃まで仕事になります。両立のこつは、夫との役割分担です。

夫が保育園から帰宅後、お風呂、晩ご飯とスムーズに進むように、畑山先生は昼間に晩ご飯を準備。「作っておくか、焼くだけでOKの状態にしている」そうです。

「教室は曜日が決まっているので、家族の予定を立てやすい」とも。

夫の仕事が忙しく、保育園に迎えに行けない時は、市内に住む義理の母が“出動”。義実家で過ごす長女を、夫が迎えに行っています。

「夫や義理の母に協力してもらいながら、働いています」
「夫や義理の母に協力してもらいながら、働いています」

教室のない日にも採点や事務作業などがありますが、教室を自宅に開設し、通勤時間がゼロになったことが子育てママとしては大きかったそう。

「階段を降りたら教室なので、隙間時間に保護者との面談を入れたり、寝かしつけの後にリラックスしながら仕事をしています」

仕事のペースを自分で決められます
仕事のペースを自分で決められます

子どもが大好きで、「一人一人の性格や個性に合わせて声をかけたり、関わったりしていくことにやりがいを感じます」と笑顔で語る畑山先生。

子育てと両立しながら、子どもが大きくなってきたら教室の曜日を増やしていきたいと考えています。

高知に移住後はよさこいが大好きに。「今年は娘が踊りますが、私も後ろで踊っちゃいそうです」
高知に移住後はよさこいが大好きに。「今年は娘が踊りますが、私も後ろで踊っちゃいそうです」

「くもんの先生は自分で考え、自分のペースで働ける仕事。幼稚園で働いていた頃は人間関係で悩んだこともありましたが、今はストレスフリー!楽しいです!」

「自分の時間も家族の時間も大切にしながら、社会ともつながり、働きたいというママにぴったりだと思います」

【高知のくもんの先生】子育て中の30~40代で教室を開設。長く続けられる仕事です

高知県内には現在、公文の教室が 94 カ所あります。このうち、女性の先生の教室が 90 カ所、男性の先生の教室が 4 カ所です。

50~60 代の先生が多く、子育て中の 30~40 代の先生は 2 割ほど。公文教育研究会高知ブランチの担当者によると、「長く続けられる仕事なので、子育て中の 30~40 代で教室を開き、60 代以降も続ける先生が多い」そうです。

インスタグラムで「くもんの先生」の情報を発信しています

くもんの先生のお仕事について、インスタグラムの公式アカウントで発信しています。全国の先生や、先生を支えるスタッフの皆さんが登場しています。

インスタグラム・くもんの先生アカウント

高知ブランチでは説明会を開催しています。「くもんの先生を具体的に検討されていない方も、気軽にご参加ください」と呼びかけています。

くもんの先生・高知県の説明会一覧

 

公文教育研究会

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 週に2回程度、ココハレ編集部のおすすめ情報をLINEでお知らせします。

上に戻る