くらし
アイコン:くらし
HOMEくらし仕事男性の育休・取得した自分たちが伝えたいこと②|2週間取った市原諄さん「同じ親だから、妻だけに任せず一緒に育てたい」

男性の育休・取得した自分たちが伝えたいこと②|2週間取った市原諄さん「同じ親だから、妻だけに任せず一緒に育てたい」

男性の育休・取得した自分たちが伝えたいこと②|2週間取った市原諄さん「同じ親だから、妻だけに任せず一緒に育てたい」

パパもママも親。「育休取ってよかった!」と話す男性、高知でも増えています。

育休を取る男性が高知県内でも増えています。取得したお父さんたちに「どうでした?」と尋ねると、「取ってよかった!」と明るい声が返ってきました。 皆さんの体験談を紹介します。

第 2 回は、土佐市に本社があるスーパー、サンプラザ勤務の市原諄さん( 31 )。 2022 年 2 月、前年に生まれた長女の入園準備のため、育休を 2 週間取りました。「自分も同じ親なので。妻だけに任せるのではなく、自分も関わりたいと思った」と話す市原さんに、育休中を振り返ってもらいました。

①はこちら

長女の入園準備で2週間の育休。スケジュールはぎゅうぎゅうでした

――サンプラザではどのようなお仕事を?

市原諄さん(以下、市原)育休を取った当時は、高知市の塚ノ原店の総菜部門でチーフをしていました。お総菜がよく売れるように考えて、品物を管理したり並べたりする仕事です。

――育休は、娘さんが1歳になる手前に取られたんですね。

市原:長女が生まれた時は店が忙しかったし、男性が育休を取っていいかどうかもよく分からなくて。だからあきらめかけてたんですけど、上司に「取れるよ」と声を掛けてもらって 、1 歳に間に合うように取ることができました。

――ちょうど、入園準備のタイミングですね。

市原: 2 週間の育休は長いようで、スケジュールはぎゅうぎゅうでした。保育園の説明会に行って、用品の買い出しに行って、慣らし保育に送迎して…。園で汚しても大丈夫なように服や肌着を 10 枚以上買ったら、家に物がすごく増えてしまって

――よく分かります。

市原:通い始めたら、必要な物を毎日そろえないといけないでしょう。これは大変だと思いました

動線を意識して模様替え。仕事のスキルが家庭でも生かせました

「生まれたばかりの時は店が忙しくて、育休はあきらめかけてた」そうです
「生まれたばかりの時は店が忙しくて、育休はあきらめかけてた」そうです

市原:とにかく、毎日の負担を減らす必要があると思って。数日掛けて家中を整理して、収納場所を徹底的に見直しました

――大事な作業です。

市原:無駄がない家事動線を考えて、部屋を模様替えして…。起きてすぐに着替えられるように、寝るスペースの近くに服置き場を作りました。保育園の物品専用のコーナーも作って、効率がいい並べ方にこだわりました

――時間も労力もかかりますね。

市原:そうです。妻が子どもを見ながら 1 人でやってたら、大ごとでした。一方、自分はスーパーの売り場作りやバックヤード管理が仕事で、効率的な動線とか、物の並べ方とか、いつも職場で考えています。スキルが家庭でも生かせて、うれしかったです。

復帰後は、育休中をカバーしてくれた人に優先的に休んでもらいました

育休を取ったことは「全部が一生の思い出」と振り返ります
育休を取ったことは「全部が一生の思い出」と振り返ります

――小売業は、人手不足が続く業界です。仕事のカバーが大変だったのでは。

市原: 2 カ月前から、育休を取ることを同僚や部下に説明して、指示書を作って引き継ぎました。勤務日を増やしてもらった人もいたので、自分が復帰した後は、優先的に休んでいただきました

――仕事の都合を付けてでも、「育休を」と思った理由を聞かせてください。

市原:理由ですか…。うーん。理由っていうか、すごく普通に、そう思いました

――ごく自然に、という感じですか。

市原:そうですね。それほど特別なことではなくて、自分も妻も同じ「親」だよな、と。むしろ妻だけに育児を任せている状態の方が、ちょっと違うんじゃないか…という感覚もあったので。一緒に育児することは自然だと感じています。

――社内でも、育休を取る男性が相次いでいると聞きました。

市原:いいことだと思います。できれば後輩にも取ってほしくて。会うことがある人には「カバーに行くき、応援要請を出してよ」と伝えています。それぞれ仕事の都合はあると思いますが、もっと広まればいいなと思います。

【ココハレ編集部より】育休を取って、何するの? 

奥さんが家にいるのに、男が育休取って何するの?  2 人でかわいいね、かわいいね~って言い合うの? それで給付金もらえていいね」

これは、ココハレ編集部・竹内の友人が、実際に職場で聞いた言葉です。「そんな認識!?」とギョッとしてしまいますが、正直「あるある」の発言とも言えます。

赤ちゃんがいる生活は忙しく、育休を取ったパパたちからは「授乳して家事して、一日があっという間」という話をよく聞きます。ココハレ読者の皆さんなら、きっと同意してくださると思いますが、市原さんが取り組んだ入園準備のように、大人の手が欲しい場面はいくらでもありますよね。

さらに「2人でかわいいねって言い合う時間」も、大切でかけがえのない経験のはずで、揶揄(やゆ)するような言い方はおかしいです。

厚生労働省の 2020 年の調査では、育休を取ろうとした男性の 4 人に 1 人が職場でハラスメントを受けていました。内訳は、上司からの「制度の利用を阻害する言動」が最も多く、 53.4 %が経験していました。

高知労働局には、ハラスメントなどを相談できる窓口があります。

 

「男性が育休取って、何をするの?」。冒頭の発言はともかく、取材の実感としては、純粋に分からなくて発言する人も多いようです。ココハレ編集部では、いろんな疑問にお答えできるよう、これからも男性育休について発信していきます!

2022年10月から男性育休が取りやすくなります!解説付きの①はこちら

③の公開は 4 月 27 日を予定しています。

この記事の著者

竹内 悠理菜

竹内悠理菜

年長児の息子は芸術家肌、年少児の娘は負けず嫌い。かわい過ぎて幸せな日も、「早く成長して(怒)」と思う日も…。よさこい大好き。1990 年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。