子育て
アイコン:子育て
HOME子育てココハレ広場ココハレ広場㉚「あるある?!想定外?!子どものいたずら」|静かに遊んでいると思ったら…笑っちゃった、叱っちゃったいたずらを一挙ご紹介!

ココハレ広場㉚「あるある?!想定外?!子どものいたずら」|静かに遊んでいると思ったら…笑っちゃった、叱っちゃったいたずらを一挙ご紹介!

ココハレ広場㉚「あるある?!想定外?!子どものいたずら」|静かに遊んでいると思ったら…笑っちゃった、叱っちゃったいたずらを一挙ご紹介!

ティッシュ全部出し、家に落書き、鍵掛け…子どもはいろいろ思い付くものですね

「ココハレ広場」では高知で子育てをするお父さん、お母さんの本音を紹介しています。

今回のテーマは「あるある?!想定外?!子どものいたずら」です。子どもが静かに遊んでいると思ったら、いたずらしていた…という経験はありませんか?

「ティッシュを全部出した」といった“あるある”ないたずらに、「新築の家に落書きした」など発見したら思わず叫んでしまいそうないたずら…子どもっていろいろと思い付くものですね。一挙ご紹介します!

ティッシュ全部出し、落書き、床びしょびしょ…“あるある”でも「やめてー!」

子どものいたずらは「知恵が付いてきた証拠」なんて言われますね。“あるある”ないたずらをされて、「おぉ、わが子も!」と喜べたり、喜べなかったり…。

  • ティッシュを箱から出してた。テーブルに落書き。携帯電話をつついて 30 分使用不可。たんすの服を全部出してた。いやー、やめてー( 45 歳お母さん、7 歳長女、2 歳長男)
  • お茶で机や床をびしょびしょにして、びしょびしょにした所で足踏み。楽しそうなので、「汚れるよ」と注意し、満足するまでさせました( 22 歳お母さん、2 歳長女)
  • 「静かだなぁ」と思って見てみたら、チラシをなめていました。「だから静かだったのか!」と納得しました( 29 歳お母さん、6 カ月長女)
  • 携帯、車の鍵など、普段触らせてもらえない物をエコバッグや紙袋、保育園のバッグに入れる次男。見つけられなくなり、大捜索しなければいけない( 37  歳お母さん、15 歳長男、1 歳 8 カ月次男)
  • 毎日畳めず、部屋の隅にまとめて山にしている洗濯物に、次女がダイブします。その後、私が一生懸命畳んだ洋服やタオルにもダイブします。「こらー!」「やめてー!」と大きな声で叱るのが面白いようで、悪循環です…笑( 44 歳お母さん、7 歳長女、3 歳次女)

「いたずら」は大人が認定するもの…子どもは純粋です

大人は「いたずら」と呼びますが、やっている本人たちは大真面目。「いたずら」とは思っていないわけです。

  • コップを二つ持ってきて、ジュースの移し合いっこ。服もテーブルもべちゃべちゃ。怒りは我慢しました( 41 歳お母さん、子ども 9 歳、5 歳、1 歳)
  • 長男がつかまり歩きを始めた頃、引き出しからおむつを全部出して、自分が引き出しに入っていたことがよくありました!本人は「いつものことだけど?」な顔!!すぐに長男を回収して、おむつを一緒に片付けました( 29 歳お母さん、3 歳長男、9 カ月次男)
僕が入りましたけど、何か?(イラスト・岡崎紗和)
僕が入りましたけど、何か?(イラスト・岡崎紗和)
  • 朝の忙しい時に、お気に入りのぬいぐるみを歯磨き粉だらけに。別の日は洗面所を水浸しにして、ハンドソープまみれに。息子的にはいたずらではなく、自分と同じように身だしなみを整えたつもりですが、出勤前の慌ただしい時には大迷惑でした。ハンドソープまみれの日は、迫る出発時間と、この悲惨な状況と。どうしたらよいかめまぐるしく考えて、とりあえず家を出る方を選びました。帰ってきてから片付けました( 49 歳お母さん、4 歳長男)
  • 長女が 2 歳くらいの時、砂糖入れから砂糖をひとさじずつ丁寧にすくって、隣の塩入れに入れ、次は塩をすくって砂糖に入れ…という遊びをしていました。私が気付いて「ちょっとー!!」と叫んだ時は、すでにどれだけ混ざったのか全く分からない状態。どっちも捨てるしかなく、「ひっくり返した方がまだましや…」とくらくらしました。砂糖は茶色いのに換えました( 32 歳お母さん、5 歳長男、4 歳長女)

取り返しがつかないいたずらは勘弁してください!

「部屋を汚したら、きれいにすればいい」と言われましても、掃除は大変です。

  • おむつをしているのに、わざわざおむつを下ろして、床におしっこ。何が起きたのか分からず、声が出なかった( 30 歳お母さん、1 歳男の子)

そして困るのが、簡単に戻せないいたずら。油性で書くのはやめて!

  • 長男がつかまり立ちか歩き始めた頃、新築の家の和室のふちに、油性ボールペンで落書き!本人の名前を言いながら叫びました( 42 歳お母さん、6 歳長男、3 歳長女)
  • 新築の家の白い壁が淡いピンク色に…。どうしたらキレイに消えるのかで頭がいっぱいでした( 35 歳お母さん、6 歳長女)
落書きは楽しい!気付いた時には…
落書きは楽しい!気付いた時には…

人さまの持ち物には、もっとやめて!

  • 長女が近所の車のボンネットに鉛筆で落書きをした。何で車に落書きをするのか、びっくりしました。消しゴムで消えたそうで、安心しました。本当にすみません( 43 歳お母さん、7 歳長女、4 歳次女)

無事に消えてよかったです…!

ひやっとするいたずらにはご注意を…!

続いては“ひやっと系”。鍵には注意が必要です。

  • 長女が 1 歳の時、ベランダで洗濯物を取り込んでいたら、窓に鍵を掛けられました。窓の下の部分にある防犯用の鍵です。どうやって説明して開けてもらおうか、1人で階段の方へ行って落ちたらどうしようかと困りました( 37 歳お母さん、6 歳長女)
  • 次男は中から外から、鍵を掛けます。トイレの鍵を半開きの状態にして、中から鍵をカチャカチャ…外から見ると赤い「使用中」になるのが楽しいのか…そしてそのまま閉めた~。トイレの中には誰もいない状態で、鍵は赤。一瞬、衝撃が走りました…笑( 42 歳お母さん、8 歳長男、5 歳次男)

屋外でわが子を見失うと、焦ります。

  • 長男が 4 歳の時、公園に走って行き、一瞬で見えなくなりました。海の近くの公園だったので最悪の状況も浮かぶ中、10 分ぐらい探して見つけました。ボルダリングの遊具に隠れて、こちらの様子をニヤニヤしながら見ていました( 37 歳お母さん、5 歳長男、3 歳長女)
顔や体に塗るまでなら許す…!
顔や体に塗るまでなら許す…!

今回は「ニベア」についての投稿が複数ありました。あのこってりした白いクリームには、塗りたくりたくなる魅力があるようです。

  • ニベア缶を開けて、体中ニベアだらけ。「わぁ~っ!!」と焦りましたが、こんなことは一生に 1 回と思い、記念撮影しました( 41 歳お母さん、5 歳長女、3 歳長男)

ニベアで終わってくれたらよかったのですが…。

  • 長男が 1 歳 3 カ月くらいの時、棚にあったニベアのクリームを顔や手やそこら辺にたっぷり付けて、口にも入れていました。数日後、ご機嫌に遊んでいたので用事をしていたら、急に泣きだしました。どうしたのかと見ると、チューブのバンテリンを食べていました。慌ててかかりつけの小児科に電話し、中毒について教えてくれるセンターを教えてもらいました。それから 2 年後、次男もニベアまみれに!!!同じ光景見た!!!ニベアデジャブ!!!さすがに長男の事件後、バンテリンはチューブタイプをやめたので、バンテリンデジャブは起きませんでした( 38 歳お母さん、9 歳長男、7 歳次男)

ちなみに、子どもが誤って物を食べた、飲み込んだ…という時は「中毒 110 番」に問い合わせるといいそうです。こちらで紹介しています。

何でそんなことを?!想定外ないたずら

最後に「なんでそんなことを?!」といういたずらをどうぞ!

  • 友達に荷物を送るために取っておいた段ボールをハサミで切って、底とふたがない状態で「これ、あげる」と返してきた。工作をしようと思ったのか、ハサミで切りたかったのか…トホホでした( 43 歳お母さん、4 歳女の子)
  • お姉ちゃんが弟の唇の皮をはいでいた。パパに「止めて~」と叫んだ( 25 歳お母さん、1 歳 6 カ月長女、1 カ月長男)
  • プリンターのふたを開くと、ドキンちゃんとコキンちゃんが。おもちゃ、ぬいぐるみがいろんな所に詰められています( 37 歳お母さん、5 歳長男、3 歳長女)
  • ご飯が炊けて、炊飯器を開けてビックリ!ピンク色のご飯が炊けていました。炊飯器が壊れた?お米がダメだった?なんで?どうして?とパニックになっていたら、息子がやって来て「クレヨン入れたよ」と満面の笑み。笑うしかなかったです( 40 歳お母さん、3 歳長男)

 

皆さんから送られてきたエピソードを読みながら、笑ってしまったり、「分かる…大変!」と共感したり。わが子なら大きな声で叱ってしまういたずらも、誰かのお子さんがやっていたらかわいいものなのだなと思ったことでした。

ご協力くださった皆さん、ありがとうございました!

次回のテーマは「子育て支援」。「あるとうれしいな」と思う支援をLINEで教えてください!

ココハレ広場、次回のテーマは「あるとうれしい子育て支援」です。行政による公的な支援から、ご近所の声掛けまで、「こんな子育て支援があったらいいのにな」と思うことはありませんか?現役の子育て世代が「必要」と感じている子育て支援をお伝えできればと思います。ココハレのLINE公式アカウントにお送りください!

この記事の著者

門田朋三

門田朋三

小1と年少児の娘がいます。「仲良し」と「けんか」の繰り返しで毎日にぎやかです。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。