子育て
アイコン:子育て
HOME子育て子育てニュース紙飛行機をもっと遠く、長く飛ばしたい!|折り紙キット「ハイタカ」を紹介します

紙飛行機をもっと遠く、長く飛ばしたい!|折り紙キット「ハイタカ」を紹介します

紙飛行機をもっと遠く、長く飛ばしたい!|折り紙キット「ハイタカ」を紹介します

いの町の「大国印刷所」が製作。9種類の飛び方が楽しめる「ハイタカ」シリーズ

誰もが一度は作ったことがある紙飛行機。「もっと遠くへ、もっと長い時間飛ばしてみたい」と思ったことはありませんか?

“紙の町”で知られる吾川郡いの町の「大国印刷所」が紙飛行機の専用キット「ハイタカ」を作っています。飛距離が長い「ソニック」、滞空時間が長い「ジャイロ」など飛び方は 9 種類。水に溶ける素材で作った新しい紙飛行機も登場しました。開発した社長の高橋亮さんに、ハイタカシリーズの魅力を聞きました。

 

※プレゼントは終了しました。

工夫して遊ぶ楽しさを伝えたい

大国印刷所は、ポケットティッシュやカレンダー、名刺などを手掛ける印刷会社です。紙飛行機の開発のきっかけは、高橋さんが約 2年前に見た近所の子どもたちの姿でした。「スマホやゲームに夢中になっていました。『ゲームもいいけど、体を使ったり、自分で工夫したりして遊ぶ楽しさを伝えたい』と思いました」

「自分が小学生の時に夢中になっていたものといえば…」と考えを巡らし、思いついたのが紙飛行機。印刷業で培った紙の特性についての知識を生かせば、“最強の紙飛行機”が作れるかも!そう考えて、専用紙の開発に乗り出しました。

本業の印刷業で日々扱う数百種類の紙から、紙飛行機に適した厚さで、折りやすく、破けにくいものを選び、鮮やかな赤や青に印刷。折り方の解説も付けて専用キットに仕上げ、2019 年からインターネットなどで販売を始めました。

紙飛行機の専用キットを開発した大国印刷所の社長、高橋亮さん
紙飛行機の専用キットを開発した大国印刷所の社長、高橋亮さん

ラインナップは9種類。飛び方や遊び方が違います

ハイタカシリーズは 9 種類。それぞれ飛び方や遊び方が違います。飛行機好きの子どもたちが喜びそうなかっこいいデザインです。

遠くまで飛ばしたいなら「ソニック」。

長い滞空時間を楽しみたいなら「ジャイロ」。

予測不能な動き方が特徴の「スカイ」と、ふわっと上がった後になめらかにカーブしながら降りてくる「ブラックスカイ」は、メタリックステッカーがキラキラ輝きます。

スカイ
スカイ
ブラックスカイ
ブラックスカイ

他にも、全長 5.5 センチメートルの「ミクロ」、雨に強い「ビヨンド」などがあります。

「ジャイロ」を作ってみよう

9 種類のうち、長い滞空時間が楽しめる「ジャイロ」を作ってみました。キットには専用紙、ステッカー、折り方の説明書が付いています。

まずは専用紙にステッカーを貼ります。このステッカーで翼に適度な重さが加わり、普通の紙飛行機よりもよく飛ぶようになるそうです。

後は普通の紙飛行機と同じように折ります。

種類によっては端を折り曲げるなど、一手間を加えます。

翼の角度が大事!ゆるいV型に

折り方はほぼ、普通の紙飛行機と同じ。5 歳くらいから 1 人で作れると思います。難しい場合は大人が手伝ってあげてください。

「長く飛ばすコツは?」と高橋社長に聞くと、「翼の角度が大事」と教えてくれました。翼が地面に対して「へ」の字型になっていると、うまく飛ばないそうです。

ゆるい「V」型にしておきましょう。

飛び方の動画はこちら

水に溶ける紙飛行機は外でも安心です

変わり種もあります。水に溶ける素材で作った紙飛行機です。

屋外で遊ぶと回収できない場所まで飛んで行ってしまうこともありますが、この飛行機なら水で分解されるので安心。海やキャンプ場でも安心して飛ばすことができます。

どのくらい溶けるのか、こちらで確認してください。

風が気持ちよく、屋外で遊ぶのにぴったりの季節。親子で、友達同士で紙飛行機を飛ばしてみませんか?(竹内悠理菜)

 

紙飛行機の専用キット「ハイタカ」シリーズは、各種類 2 ~ 4 枚入りで、価格は 390 円(税別)から。ネットショップで購入できます。

 

7種類セットを10人にプレゼント

「ソニック」「ジャイロ」など人気商品の 7 種類セットを 10 人にプレゼントします。

提供:大国印刷所

応募方法:ココハレのLINE公式アカウントのトーク画面で、①紙飛行機プレゼント希望、②応募者の氏名、を書いてメッセージを送ってください

締め切り: 2020年 11 月 20 日(金)

当選発表:当選者にメッセージで連絡します

受け渡し:当選者に郵送します

※ココハレLINE公式アカウントと友だちになるにはこちらから

関連するキーワード

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員6人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。