子育て
アイコン:子育て

コロナ禍でも発表の場を|江ノ口保育園、あたご幼稚園が合同作品展

コロナ禍でも発表の場を|江ノ口保育園、あたご幼稚園が合同作品展

新型コロナウイルスの影響で、保育園や幼稚園では行事の中止や縮小が続いています。

そんな中、年長児の作品発表の場を設けようと、高知市の江ノ口保育園、あたご幼稚園による合同作品展が開かれています。場所は地域のギャラリー。子どもたちの力作には「見る人の心を癒やし、地域の人と人とをつなぐきっかけになれば」という思いが込められています。

我慢している子どもたちのために

合同作品展を企画したのは江ノ口保育園(高知市中水道)とあたご幼稚園(高知市愛宕町3丁目)。距離が近く、卒園児の多くが同じ江ノ口小学校に進むこともあり、普段から交流しています。

江ノ口地区では毎年、地域住民が出品する作品展が開かれており、両園の年長児たちも参加していました。しかし、今年はコロナで中止になりました。

「遠足がなくなったり、運動会が縮小されたりして我慢している子どもたちのために何かできないか」。悩んでいた両園に地域の人が「じゃあ、一緒に作品展をしたら?」と提案。高知市入明町のギャラリー「おうちスペース i (アイ)」で開くことになりました。

「おうちスペース i 」は 2 階建ての民家を改装した地域のコミュニティー拠点で、1 階と 2 階をギャラリーとして利用できます。

江ノ口保育園の 22 人、あたご幼稚園の 27 人が制作した絵や紙粘土などの作品のほか、子どもたちが協力して完成させたいも掘りの絵、大きなクリスマスツリーなど約 80 点が並んでいます。

江ノ口保育園の刈谷緑園長は「作品は園ごとに分けず、あえてばらばらに展示しました」。タイトルにも園名は入れず、「自分の子の作品だけでなく、他の子の作品も見てコラボを楽しんでほしい」と話します。

「おうちスペース i 」ではカフェも楽しめ、憩いの場として地域の人々に親しまれています。あたご幼稚園の野村貞夫園長は「保護者に文化に触れ、癒やされる時間をこれからも持ってもらいたいし、他の保護者や地域の人とも交流してほしい」と、地域のギャラリーで開催する意味を話していました。

入場は無料で、期間中は誰でも見学が可能です。子どもたちのかわいい作品を眺めながら、癒やしのひとときをいかがですか?

江ノ口保育園・あたご幼稚園 年長組合同作品展

  • 開催場所…おうちスペースi(住所:高知市入明町9-11、電話:090-1575-3866)
  • 開催期間… 2020 年 11 月 27 日(金)、28 日(土)、29 日(日)、30 日(月)、12 月 2 日(水)、4 日(金)、5 日(土)、6 日(日)、7 日(月)、9 日(水)、11 日(金)
  • 開催時間…月、水、金曜は1 3:00 ~ 16:30 。土、日曜は 10:00 ~ 16:30
  • 入場…無料
  • 駐車場…4 台。満車の場合は近くの有料駐車場をご利用ください

おうちスペースiは付属中学校の東側、愛幸病院の南側にあります。立体交差を通らず、付属中横の側道を通り、東側にUターンしてください。

ココハレお友だち登録で子どものジュースが無料に

合同作品展は入場無料です。開催中は「午後カフェ」を開いていて、希望者にはコーヒーを 200 円、子ども向けのジュースを 100 円で提供しています。

ココハレのLINEにお友だち登録をされている方は、子どものジュースが無料になります。注文時にココハレLINE公式アカウントのホーム画面を提示してください。

※ココハレLINE公式アカウントと友だちになるにはこちらから

友だち追加

この記事の著者

門田朋三

門田朋三

小 2 と年中児の娘がいます。「仲良し」と「けんか」の繰り返しで毎日にぎやかです。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 週に2回程度、ココハレ編集部のおすすめ情報をLINEでお知らせします。

上に戻る