子育て
アイコン:子育て
HOME子育て特集編集部おすすめ高知市の愛宕商店街で園児たちがハロウィンを楽しみました

高知市の愛宕商店街で園児たちがハロウィンを楽しみました

高知市の愛宕商店街で園児たちがハロウィンを楽しみました

ハロウィンの仮装をして商店街を歩く「ハロウィンパレード」が 2020 年 10 月 30 日、高知市の愛宕商店街で開かれました。地域ぐるみで子育てを支援する「多機能型保育支援事業」のイベントで、近くの江ノ口保育園、ニチイキッズ愛宕保育園、高知聖園マリア園の園児や、親子連れら約 90 人が参加し、商店街のお店を回りました。

仮装したかわいい子どもたちをココハレ編集部が取材しました。

 

愛宕商店街の10店舗が参加しました

パレードは、3 園とNPO高知市民会議が企画。愛宕商店街振興組合が協力し、10 店が参加しました。「店の外で、バケツや袋に入れたお菓子を取ってもらう」「お店を訪問する時間を 3 園でずらして『密』を避ける」などの新型コロナウイルス対策を行い、子どもたちを待ちました。

「もう来るで」。お菓子を準備します
「もう来るで」。お菓子を準備します

商店街へ出発!期待が高まります!

園児たちは各園から歩いて商店街へ。手作りの衣装を身に着け、お友達と手をつないで向かいます。

元気に「しゅっぱーつ!」
元気に「しゅっぱーつ!」
時間をずらすため、スタッフが先導します
時間をずらすため、スタッフが先導します
小さい子どもはベビーカーで
小さい子どもはベビーカーで
先生と手をつないで
先生と手をつないで

商店街に到着!トリック・オア・トリート!

商店街に入り、お店の前に到着。「トリック・オア・トリート!」。子どもたちが声を合わせると、お店の人は「かわいい」「元気やねぇ」とにっこり。商店街に笑顔が広がりました。

お肉屋さんに到着
お肉屋さんに到着
ドキドキしています
ドキドキしています
お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞー!
お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞー!
はい、どうぞ
はい、どうぞ

子どもたちを見守る商店街に

初めこそちょっと緊張気味の子どもたちでしたが、慣れると「もっとお菓子が欲しい!」。元気な足取りでお店を回っていました。

このパレードには「商店街にもっと親しみを持ってもらいたい」という商店街の思い、そして「子どもたちを地域で見守ってほしい」という保育園の思いが込められています。小さい子どもと地域のおじさんが仲良く手をつないだり、「何のお店かな?」と興味を持ったり、楽しいイベントで距離がさらに縮まっていました。

かわいい子どもたちを見ると、笑顔に
かわいい子どもたちを見ると、笑顔に
「いっぱい食べてね」
「いっぱい食べてね」
どれにしようか迷います
どれにしようか迷います
「やったー!うまい棒やー!」
「やったー!うまい棒やー!」
地域のおじちゃんと手をつないで歩きました
地域のおじちゃんと手をつないで歩きました
「もうかばんに入らん!」と大喜びでした
「もうかばんに入らん!」と大喜びでした

最後に、各園自慢の衣装をご紹介します!

ドラキュラとコウモリ!江ノ口保育園

江ノ口保育園からは「ゆり組」の年長児22人が参加しました。テーマは「ドラキュラとコウモリ」。衣装もかばんも子どもたちの手作り。顔も自分たちでこわーく仕上げました。

メルヘンチックに ニチイキッズ愛宕保育園

ニチイキッズ愛宕保育園からは、0 ~ 2 歳児 19 人。テーマは「メルヘンチック」で、かぼちゃやてんとう虫の服を着て歩きました。

多機能型保育支援事業を利用する親子も参加しました。恐竜、魔女のキキと黒猫のジジ、うーたん、スヌーピーなどバラエティー豊かに仮装していました。

 

子どもたちがなりたいものに!高知聖園マリア園

高知聖園マリア園は年長児クラスの「ばら組」、年中児クラスの「ゆり組」から25人参加しました。それぞれが自分がなりたいものを決め、マントや帽子などを作りました。女の子は猫が人気。男のはドラキュラやコウモリが人気だったそうです。目玉のおやじを頭に乗せた鬼太郎もいました。

高知県内には「多機能型保育支援事業」を取り入れて子育て支援を進めている保育施設が 20 カ所あります。詳しくはこちら

関連するキーワード

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員6人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。