子育て
アイコン:子育て
HOME子育て連載・コラムコラム子どもの扱いが下手なんです|「ママと記者やってます」⑪

子どもの扱いが下手なんです|「ママと記者やってます」⑪

子どもの扱いが下手なんです|「ママと記者やってます」⑪

毎日が体力・気力勝負! 40代ママ記者による子育てコラム

ココハレ編集部員・門田がお届けする子育てコラムです。40 代に突入したけれど、子どもはまだ幼児。うまくいかない子育てに悩み、体力・気力の衰えを嘆いています。泣いて笑って、怒ってしまって反省して…、そんなどたばたの毎日をご紹介します。

これまでのコラムはこちら

こんな母でごめんなさい

独身時代、子どもと触れ合う機会がほぼなかった私。母親になった今でも「子どもの扱いが下手だなぁ」と反省することがよくあります。

長女が 4 歳になる前くらいだったと思います。ある日、こう言われました。

「お母さん、大好き!」

何の脈絡もなく言われ、私は面食らいました。長女は私を見て、にこにこ笑っています。照れくさいのと、「好きでいてくれてるんだ」といううれしさと、「いつも怒ってばっかりなのに…」という申し訳なさとが入り交じり、「うん、ありがとう」とそっけなく返してしまいました。

長女はその後、夫にも「お父さん、大好き!」。即座に喜び、「やったー!お父さんも大好きでー!」と長女を抱きしめる夫を見て、「あー、そうすればよかったのか!」と自己嫌悪に陥りました。幼児のテンションに合わせて喜んだり、面白がったりするのがどうも苦手です。

気負わずに育てていきたいです
気負わずに育てていきたいです

子どもにとって「お母さん」の存在がこれほど大きいとは、子育てをするまで知りませんでした。「お母さん、大好き」とたくさん愛情表現してくれている娘たちに対して、私はちゃんと応えられているのだろうか。私が母親で、この子たちは幸せなんだろうか。自信がなくなり、不安になります。

そんな気持ちを救ってくれるのも、娘たちです。母親の愛情表現の下手さに気付いたのかどうか分かりませんが、最近は長女が「お母さん、歯磨き頑張ったき、ぎゅってして」と理由を説明してお願いしてくるようになりました。私もあまり照れずに「歯磨き頑張ったねぇ」と抱きしめることができています。次女もまねしてアピールしてきて、何だかいい感じです。

たとえ幼児でも、子どもは親をよく見ているんですね。親の苦手なところを子どもなりに補ってくれるということも、子育てをして初めて知りました。もちろん娘たちに甘えてはいけませんが、私の苦手なところは助けてもらいながら、一緒に成長できたらと思っています。

この記事の著者

門田朋三

門田朋三

アナ雪のエルサになりたい5歳と、おてんばな2歳の娘がいます。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。