子育て
アイコン:子育て
HOME子育て連載・コラムコラム白米しか食べない2歳児!おかずは少しずつ、少しずつ…|「ママと記者やってます」⑯

白米しか食べない2歳児!おかずは少しずつ、少しずつ…|「ママと記者やってます」⑯

白米しか食べない2歳児!おかずは少しずつ、少しずつ…|「ママと記者やってます」⑯

毎日が体力・気力勝負! 40代ママ記者による子育てコラム

ココハレ編集部員・門田がお届けする子育てコラムです。40 代に突入したけれど、子どもはまだ幼児。うまくいかない子育てに悩み、体力・気力の衰えを嘆いています。泣いて笑って、怒ってしまって反省して…、そんなどたばたの毎日をご紹介します。

これまでのコラムはこちら

「シチュー食べる」って自分で言ったじゃないですか…

次女が 2 歳 7 カ月になりました。イヤイヤ期も「今がピークかな?」というくらい、毎日イヤだイヤだと言っています。

ご飯の「イヤだ」も相変わらずです。この間は珍しく「シチュー食べる」と言ったので、よそって出すと、お皿をのぞき込んで「やっぱいらーん」。手を付けずに終わりました。

好き嫌いは激しいですが、それでも振り返ってみると成長を感じます。

1 歳 6 カ月での食事の様子を紹介したのは、このコラムの 2 回目でした。タイトルは「 1 歳児の食事。それは理不尽との闘い」。当時は混ぜご飯とおみそ汁しか食べず、隙を見てはお皿をひっくり返していました。

その後、おみそ汁は一切食べなくなり、混ぜご飯も拒否するようになりました。保育園の給食は完食しますが、家で食べるのは白米のみ!のりを巻いたおにぎりばかり食べる日が続きました。

ある日の晩ご飯。シチューには全く手を付けませんでした
ある日の晩ご飯。シチューには全く手を付けませんでした

おかずは諦めようと決めましたが、諦めきれるはずがない!一口でも食べてもらいたい!

というわけで、その日のおかずを見せて「きゅうり食べる?」「ハンバーグ食べる?」と話しかけることを続けました。次女は「食べたことのないものは食べない」と決めているようで、目で確認しては「いらーん」。どうしても食べてほしい時はおにぎりの中に隠して出しました。

2 歳を過ぎると、変化が出てきました。好奇心から「食べてみようかな」という気持ちも芽生えてきたようで、ウインナー、うどん、ちくわ、唐揚げ、スパゲティ(麺のみ)、オムライス…と食べられるものが少しずつ増えてきました。

しかし、一度食べたからと言って、次に必ず食べてくれるとは限りません。

 

「はい、唐揚げどうぞ」

「いらーん」

「えーっ、この間は喜んで食べたやん!」

「いらーん!」(お皿をひっくり返そうとするので、慌てて止める)

 

次女との食事はやっぱり理不尽!でも、「体にいいよ」と説得しても、「食べなさい」と強制しても通じないことだけは確かです。あくまで本人の「食べよう」という気持ちが大事なんですね。

「離乳食を食べてくれない」「野菜を食べてくれない」と悩んでいる方も多いと思います。解決策はなかなか見つかりませんが、白米しか食べなくなった 2 歳児も少しずつ、少しずつ成長しています。「一生このままということはきっとない」と信じて、お互い無理せずいきましょうね!

この記事の著者

門田朋三

門田朋三

6歳と2歳の娘がいます。「仲良し」と「けんか」の繰り返しで毎日にぎやかです。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。