おでかけスポット
アイコン:おでかけスポット
HOMEおでかけスポット地域子育て支援センター高知市地域子育て支援センター「たんぽぽ」

高知市地域子育て支援センター「たんぽぽ」

高知市地域子育て支援センター「たんぽぽ」

開放的な部屋に、おもちゃがたくさん。月齢に応じて楽しめます

高知市地域子育て支援センター「たんぽぽ」は、あざみの保育園の 2 階にあります。部屋は広くて開放的です。利用者が家庭で必要なくなったおもちゃを持ち寄っていて、おもちゃの種類が多く、月齢に応じた遊びが楽しめます。すべり台やジャングルジム、ボールハウスなど、体を動かして遊べる遊具もあります。

あざみの保育園の行事にも参加しているので、園児たちの活動を間近で見ることができます。1 日に 10 ~ 15 組ほどが利用しているので、ママ友をつくりたい人にもおすすめです。

高知県内の支援センターのまとめと利用注意点はこちら

高知市内の 16 支援センターのまとめと利用注意点はこちら

施設概要

施設名 高知市地域子育て支援センター「たんぽぽ」
運営 社会福祉法人 あざみの会
所在地 高知県高知市薊野北町 2 丁目 7-5 あざみの保育園内 2 階
電話番号 088-845-1253
利用時間 月~金曜日:9:15~11:30、12:30~15:15
土曜、日曜、祝日はお休みです
ご利用方法 ■主に未就学児とその家族、妊婦さんが対象です。保育園、幼稚園に通っているお子さんや、里帰り中の人も利用できます
■初めての人は利用者申込書に記入をお願いします。名札を着けて遊んでください
■靴下はすべりやすいので、はだしで遊びましょう
■食べ物の持ち込みはご遠慮ください。水分補給、授乳はできます
■使用済みの紙おむつは持ち帰ってください。
駐車場 無料。あざみの保育園の駐車場のほか、保育園前の赤い舗装部分に縦列駐車ができます。合計 10 台分ほどです。歩道にはみ出さないように注意してください

マップ

詳細情報

【1日の流れ】おかたづけの後、ふれあい遊びや読み聞かせをします

9:15 午前の開所。自由に好きな遊びを楽しんでください
11:15 おかたづけの後、歌や手遊びなどのふれあい遊び、体操、絵本や紙芝居の読み聞かせをします
11:30 午前の閉所
12:30 午後の開所。自由に好きな遊びを楽しんでください
15:00 おかたづけの後、ふれあい遊びや読み聞かせをします
15:15 午後の閉所

 

主な行事

  • 身体測定(月 1 回)
  • 園庭開放(月 1 回)
  • 育児講座(月 2 回程度)
  • 避難訓練(月 1 回)
  • 誕生会(月 1 回)
  • よちよちランド(年 6 回)
  • 育児相談

育児講座では、親子リトミック、ベビーマッサージ、季節の製作のほか、保健師さん、助産師さん、看護師さんのお話があります。言葉の発達、生活リズム、感染症予防などをテーマにしています。ミカン狩りや比島交通公園などにおでかけもしています。

避難訓練、誕生会はあざみの保育園と連携して行っています。節分やクリスマスなどの園の行事にも参加しています。

よちよちランドは、絵本の読み聞かせをして、1 冊プレゼントする高知市の事業です。2 カ月に 1 度行っています。

育児相談は毎日受け付けています。高知市の助産師さん、保健師さんの訪問も年2回ずつあります。

行事予定「たんぽぽだより」は「こうちプレマnet」に掲載しています。

【場所】あざみの保育園の2階にあります

「たんぽぽ」は、あざみの保育園の 2 階にあります。園庭側の入り口から入ってください。門扉から入って進むと、左手に靴箱があり、職員室があります。職員室の右隣の入り口から園舎に入って進むと、階段があります。2 階に上がって進むと、右手に「たんぽぽ」の部屋の入り口があります。

災害に備えて、靴はビニール袋に入れて 2 階に持ってきてください。ビニール袋は持ってきてください。

ジャングルジム、すべり台があります

「たんぽぽ」の部屋は広く、開放的です。すべり台、ジャングルジム、ボールハウスなど、体を使って遊べる遊具があります。

持ち寄ったおもちゃがたくさん

お部屋にはおもちゃがたくさんあります。利用する親子が家庭で使わなくなったおもちゃを持ち寄っているそうです。月齢に合わせて、好きな遊びを楽しめます。

ままごとコーナーも広々

ままごとコーナーは畳敷きで、広々としています。食材や食器がたくさんあり、親子やお友達同士でゆったりと楽しめます。

汽車の中に何があるかな?

部屋には大きな汽車がありました。向かって右側は本棚、左側はおもちゃ棚になっていました。子どもの手が届く高さにあるので、おもちゃや絵本を出したり、おかたづけしたりも楽しめそうです。

おゆずりコーナーもあります

家庭で必要なくなった洋服などを持ち寄る「おゆずりコーナー」があります。欲しいものがあれば、職員さんに声を掛けてください。

職員さんから一言

1 日 10 ~ 15 組ほどが利用しています。
子育て支援センターの目的は遊び場の提供ですが、一番はお母さんの気分転換、リフレッシュだと思っています。楽しく遊んでもらい、お母さん同士でおしゃべりもしてもらい、「また来たいな」と思ってもらえるように心がけています。
お父さん、お母さんのそばでお子さんの成長を見守り、保育園や幼稚園に送り出せることは、私たち職員にとってもうれしいことです。初めての方は緊張するかもしれませんが、気軽に遊びに来てくださいね。

この記事の著者

門田朋三

ココハレ編集部

小1と年少児の娘がいます。「仲良し」と「けんか」の繰り返しで毎日にぎやかです。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。