子育て
アイコン:子育て
HOME子育て新型コロナウイルス新型コロナウイルスの無料検査が高知県内の薬局で始まりました

新型コロナウイルスの無料検査が高知県内の薬局で始まりました

新型コロナウイルスの無料検査が高知県内の 83 カ所の薬局で始まりました。高知県内在住で、感染に不安を感じている無症状の人が対象。ワクチンを 2 回接種した人も受けられます。

結果がその場で分かる「抗原検査」と、後日送付される「PCR検査」があり、対応できる薬局が違います。検査ができる薬局や対応時間は「高知県ワクチン・検査パッケージ制度」のウェブサイトから確認してください。

高知県内の薬局で無料検査始まる 抗原83カ所、うち46カ所はPCRも可 新型コロナ

薬局で抗原検査を受ける女性(高知市本町1丁目)
薬局で抗原検査を受ける女性(高知市本町1丁目)

(高知新聞 2022 年 1 月 18 日掲載)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、高知県は17日、県内16市町村の薬局83カ所で無料検査を始めた。1月末まで行う予定。

対象は、無症状の県民。全83カ所で抗原検査が受けられ、このうち46カ所では本人の希望でより精度の高いPCR検査もできる。薬局数とPCR対応ができる薬局は順次拡大する。

高知市本町1丁目のつちばし薬局本店には、朝から検査希望者が続々と訪れた。薬剤師から抗原検査の説明を受け、鼻の粘液を採取。15分ほどで結果が通知された。

市内の30代男性は職場で陽性者が出たといい、「濃厚接触者ではないけど、怖いので検査に来た」。陰性の結果に「安心しました」と笑顔を見せた。

申し込み不要だが、免許証など本人確認ができるものが必要。PCR検査を予定していた民間検査機関1カ所は実施を辞退した。

検査できる薬局の問い合わせは県ワクチン・検査パッケージ相談センター(088・872・3450)へ。同センターのサイトでも確認できる。(石丸静香)

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。