子育て
アイコン:子育て
HOME子育て特集編集部おすすめお正月の高知新聞恒例「輝け!高知の笑顔」2023年は1月1日と3~7日に掲載します

お正月の高知新聞恒例「輝け!高知の笑顔」2023年は1月1日と3~7日に掲載します

お正月の高知新聞恒例「輝け!高知の笑顔」2023年は1月1日と3~7日に掲載します

高知の子どもたちの写真をたくさん紹介する「輝け!高知の笑顔」。「読もっか こども高知新聞」のお正月恒例企画です。

12 回目を迎えた 2023 年は、赤ちゃんから高校生までの 1231 人から 1230 枚の写真が届きました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ご応募いただいた写真は 1 月 1 日の高知新聞第 5 部と、3~7 日の紙面に掲載します。

「サッカー選手」「かんじがかけるようになりたい」…子どもたちの夢や目標が満載です

笑顔の子どもたちが持っているのは、将来の夢や 2023 年の目標、大切な宝物を書いた紙です。皆さん、工夫を凝らして書いてくれています。

子どもたちの笑顔を見ていると、元気をもらえますね
子どもたちの笑顔を見ていると、元気をもらえますね

読もっか編集部によると、「将来の夢」で目を引いたのが「サッカー選手」。昨年のワールドカップ・カタール大会では日本代表が大活躍しましたね。

長引くコロナの影響もあるのでしょうか、赤ちゃんが持つ紙には「病気をせずに元気に育ってね」「いっぱい食べて大きくなるぞ」など、わが子の成長を願うメッセージが例年以上に多かったそうです。「お医者さん」「看護師さん」など、医療職を志す子どもも目立ちました。

「かんじがかけるようになりたい」「音どくがうまくなりたい」といった、勉強に関する目標も。担当した読もっか編集部員は「子どもたちがすくすく育ち、みんなの夢がかなう世の中になれば」と話していました。

キラキラと輝く子どもたちの未来。私たち大人が応援していきたいですね。

 

※「輝け!高知の笑顔」では応募いただいた写真を全て掲載します。事前に掲載日をお知らせすることはできませんので、ご了承ください。

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。