子育て
アイコン:子育て
HOME子育て子育てニュース高知県立のいち動物公園でマンドリルの赤ちゃんが生まれました

高知県立のいち動物公園でマンドリルの赤ちゃんが生まれました

香南市野市町の高知県立のいち動物公園で、マンドリルの赤ちゃんが生まれました。マンドリルといえばカラフルな顔ですが、赤ちゃんの顔は白いそう。お母さんにがっちりしがみつく姿がかわいいですね。

のいち動物公園では赤ちゃんの愛称候補を発表し、投票を呼び掛けています。候補は「マリー」「ジュラ」「ソララ」の三つ。どれに決まるでしょうか。

 

マンドリル赤ちゃん公開中 高知県立のいち動物公園 20年ぶり3頭目

母のマンゴーに大切に育てられるマンドリルの赤ちゃん(香南市の県立のいち動物公園)
母のマンゴーに大切に育てられるマンドリルの赤ちゃん(香南市の県立のいち動物公園)

(高知新聞 2020 年 7 月 23 日朝刊より)

愛称候補へ投票を
県立のいち動物公園(高知県香南市野市町大谷)でマンドリルの赤ちゃんが生まれ、一般公開されている。同園では20年ぶり3頭目の誕生で、母乳ですくすくと成長中。三つある愛称候補への投票を受け付けている。

マンドリルは西アフリカの赤道付近に生息し、青い顔と真っ赤な鼻が特徴。赤ちゃんの顔は白いが、成長とともに変わるという。

赤ちゃんは父「リュウ」と母「マンゴー」の間に生まれた雌で、2日の出産時の体重は推定900グラム。担当飼育員の小松美和さん(49)は「生後3週間で一回り大きくなった」という。

マンゴーにとっては初の子育て。21日の報道向け公開では、いろんな物に興味津々な赤ちゃんをマンゴーが守るように抱き、いとおしそうに毛繕いしていた。9カ月の長女を連れて来園していた野村直子さん(31)は、「子育てが大変なのはよくわかる。応援したくなる」と話していた。

愛称候補は、母の「マ」と父の「リ」から「マリー」▽7月の英語、ジュライにちなんだ「ジュラ」▽天気のいい日に生まれたことから「ソララ」。マンドリル展示場などに備え付けの用紙で投票できる。

愛称発表は8月23日。投票した人の中から抽選で3人に記念品が贈られる。問い合わせは同園(0887・56・3509)へ。(川嶋幹鷹)

関連するキーワード

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員6人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。