くらし
アイコン:くらし
HOMEくらし高知のニュース【イチ押しニュース】夏休みは絶景BBQを楽しもう!四万十市西土佐に専用施設が2カ所オープンしました

【イチ押しニュース】夏休みは絶景BBQを楽しもう!四万十市西土佐に専用施設が2カ所オープンしました

バーベキュー(BBQ)の「聖地」を目指している四万十市西土佐地域に、新たなBBQサイトがオープンしました。

オープンしたのは、道の駅「よって西土佐」(西土佐江川崎)とホテル星羅四万十(西土佐用井)の 2 カ所です。

四万十川の自然豊かな絶景を眺めながら親子でBBQなんて、絶対に楽しいに決まってますね!

四万十市西土佐をBBQの聖地に!夏休み前にサイト2つオープン 眺望もグッド

西土佐地域の眺望も楽しめる「ルーフトップBBQ」(四万十市西土佐用井)
西土佐地域の眺望も楽しめる「ルーフトップBBQ」(四万十市西土佐用井)

(高知新聞 2022 年 7 月 24 日掲載)

バーベキュー(BBQ)を通じて農林水産物の消費拡大を図っている四万十市西土佐地域に23日、BBQサイトがオープンした。道の駅「よって西土佐」(西土佐江川崎)とホテル星羅四万十(西土佐用井)の2カ所。「BBQでふるさとをおもしろQ(く)」を合言葉に、地域の魅力を発信していく。

地域では官民連携で「しまんとリバーベキュープロジェクト」を組織。2020年から3カ年計画でさまざまなBBQによる活性化企画に取り組んでおり、サイト開設は最終年度の目玉の一つ。

「リバーサイドBBQ」(77平方メートル)は、「よって―」併設の展望デッキを改修した。個人や家族連れらの利用を想定(最大4組16人)しており、自分で焼くスタイル。食材や道具代を含めた利用料は1人3600円(税込み)から。

星羅四万十の2階テラスの「ルーフトップBBQ」(100平方メートル)は、最大20人が利用できる団体客向け。調理は日本バーベキュー協会認定のインストラクターが担当する。1人8千円(税込み)から。

この日は、「リバーサイド」でオープニングセレモニーが行われ、約30人が出席。BBQのデモンストレーションもあり、美しい景色と共に四万十牛のステーキを堪能していた。

同プロジェクトの林大介会長(62)は「やっとスタートできた。これから西土佐らしいメニューを作り、さらに面白いふるさとにしていきたい」と話していた。

「リバーサイド」は3日前までの予約が必要。問い合わせは道の駅(0880・52・1398)へ。「ルーフトップ」の予約はホテル星羅四万十(0880・52・2225)へ。(河本真澄)

 

高知のニュースは高知新聞Plusでご覧いただけます。

この記事の著者

森本 裕文

森本 裕文

高1の長男、中2の長女の4人家族。理論派のO型組(私と長女)と、感覚派のB型組(妻と長男)でいつも楽しく抗争中。1979年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。