イベント
アイコン:おでかけスポット
HOMEイベント親子でおでかけ香美市立美術館で「柴田ケイコ展」|絵本「パンどろぼう」「めがねこ」やイラストの原画を展示します

香美市立美術館で「柴田ケイコ展」|絵本「パンどろぼう」「めがねこ」やイラストの原画を展示します

香美市立美術館で「柴田ケイコ展」|絵本「パンどろぼう」「めがねこ」やイラストの原画を展示します

手作りの小屋も登場!人気絵本作家・柴田ケイコさんの世界観を美術館全体で楽しめます

「パンどろぼう」「めがねこ」「おいしそうなしろくま」など人気作を生み出してきた絵本作家・柴田ケイコさんの作品展「柴田ケイコ展 くらしのなかで生まれるもの」が香美市土佐山田町の香美市立美術館で開かれています。2022 年 6 月 26 日(日)まで。

柴田さんがこれまで制作してきた絵本やイラストの原画  71  点を展示。手作りの小屋や顔出しパネルなども置かれ、美術館全体で柴田さんの世界観が楽しめます。

(記載されている内容は 2022 年 4 月 3 日時点のものです)

※ 2022 年 4 月 24 日更新。会場の写真を追加しました。

お子さま連れの方へ

  • 美術館はプラザ八王子の 2 階にあります。エレベーターがあり、ベビーカーで鑑賞できます。
  • 2 階に男女トイレがあります。多目的トイレは 1 階と 3 階にあります。
  • おむつ台はありませんので、必要な人はスタッフに声を掛けてください。

イベント概要

イベント名 柴田ケイコ展 くらしのなかで生まれるもの
運営 香美市立美術館
開催期間 2022 年 4 月 9 日(土)~ 6 月 26 日(日)
開催場所 香美市立美術館(高知県香美市土佐山田町 262-1 プラザ八王子 2 階)
電話番号 0887-53-5110
利用時間 9:00~17:00(最終入館は16:30)
ご利用方法 ■休館日:毎週月曜日。月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館
■入館料:一般 520 円。高校生以下は無料
■作品解説:香美市立美術館の館長や学芸員が行います。毎週日曜日 14:00 から。入場料が必要です
駐車場 無料。プラザ八王子前に第 1 駐車場、近くに第 2 駐車場があります
URL https://www.city.kami.lg.jp/site/bijutukan/

マップ

詳細情報

絵本など17作品から、71点を展示します

「柴田ケイコ展」では 2021 年までの 17 作品から、71 点の原画を展示します。「パンどろぼう」「めがねこ」などの人気作が並びます。

制作ではオイルパステルとアクリル絵の具を使っています。柴田さんは「原画と絵本とでは発色が違っていて、原画は筆跡ももっとリアルです。『パンどろぼう』ではパンの色にこだわっているので、おいしそうな焼き具合をぜひご覧ください」と話していました。

開幕前に準備を進める柴田ケイコさん。絵本作品のほか、ポスターなどイラストの原画も並んでいます
開幕前に準備を進める柴田ケイコさん。絵本作品のほか、ポスターなどイラストの原画も並んでいます
絵本の原画にはそのページのお話が添えられています。絵本をめくるように楽しめます
絵本の原画にはそのページのお話が添えられています。絵本をめくるように楽しめます

小屋、顔出しパネル…親子で楽しんでもらえる空間に

今回の作品展では、原画に加えて、楽しい仕掛けが見どころです。注目は会場中心に設置された手作りの小屋で、高さは何と 2 メートル以上!中に入って遊べます。

小屋を手作りしました!
小屋を手作りしました!
中に入ってOK!小窓から顔を出せます
中に入ってOK!小窓から顔を出せます

さらに、顔出しパネルやゲート、あっと驚く小部屋など、楽しい仕掛けが盛りだくさん。会場では原画以外は撮影OKです。

柴田さんは「お子さんがいっぱい来ると思い、楽しんでもらえるような空間にしました。親子でお越しくださいね」と話していました。

人気キャラクターが勢ぞろいする顔出しパネル
人気キャラクターが勢ぞろいする顔出しパネル
柴田さんの世界が満喫できる楽しい空間です
柴田さんの世界が満喫できる楽しい空間です

休日を中心に、赤ちゃんから小学生までの家族でにぎわっています。原画を前に「パンどろぼうだ!」「めがねこもいる!」と、うれしくて飛び跳ねる子どももいました。

子どもを連れて訪れたお母さんたちは「柴田さんの絵はカラフルで、かわいくて、大人も楽しめる」「子どもが少々騒いでも大丈夫という作品展は珍しいので、おでかけ先としてとてもありがたい」と話していました。

子育てのこと、絵本のこと…柴田さんに聞きました

「ココハレインタビュー」では、柴田さんに子育てのこと、絵本への思いを聞いています。こちらからどうぞ。

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。