子育て
アイコン:子育て
HOME子育て子育てニュース親子でミカン狩りはいかが?「土佐の高知のくだもの畑」がにぎわっています

親子でミカン狩りはいかが?「土佐の高知のくだもの畑」がにぎわっています

秋が一気に深まり、ミカンのおいしい季節になりました。

香南市の観光農園「土佐の高知のくだもの畑」では 10 月 1 日にミカン狩りが始まり、親子連れでにぎわっています。ミカンの品種を変えながら、12 月中旬まで楽しめるそうです。

「土佐の高知のくだもの畑」について、ココハレでは「MOTOKOのおでかけ絵日記」で紹介しています。園内には子どもの遊び場もあります。おでかけにいかがですか?

ミカン狩りで秋満喫 香南市山北の観光農園 親子連れら続々

親子でミカン狩りを満喫。木の高さは大人の背丈ほどで子どもも摘みやすい(写真は香南市の「土佐の高知のくだもの畑」)
親子でミカン狩りを満喫。木の高さは大人の背丈ほどで子どもも摘みやすい(写真は香南市の「土佐の高知のくだもの畑」)

(高知新聞 2021 年 10 月 21 日掲載)

高知県内一の温州ミカンの産地、香南市香我美町山北で、極わせ種が色づき始めた。小ぶりながら、甘みが凝縮された秋の味。親子連れらが観光農園を訪れ、ミカン狩りを楽しんでいる。

海抜100メートルの高台に広がる「土佐の高知のくだもの畑」は、1996年に沢村総一さん(74)が開いた。約8ヘクタールの段差のない一枚畑で、約2万本を栽培している。

1日のミカン狩り開始以来、常連客が続々と訪れ、枝もたわわの実をチョッキン、パクリ。家族3人で来た窪内雅也さん(40)=高知市=は、長女の芳乃ちゃん(4)と舌鼓。「ミカンも遊具もあって、遠足のよう。子どももお気に入りです」と目を細めていた。

シーズンは12月中旬まで。果実も極わせの「日南」から普通わせの「興津」へとリレーされる。総一さんの長男で、代表の徹也さん(43)は「今年は長雨や高温の影響で遅めだが、これから糖度も乗ってくるでしょう」と期待していた。

入園料は現在、市の遊ぼう割適用で半額。大人(中学生以上)250円。車いすやペット同伴でも利用できる。問い合わせは同農園(0887・55・4332)へ。(横田宰成)

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。