子育て
アイコン:子育て
HOME子育て連載・コラムコラム子どもはかわいい。でも、かわいいだけじゃない|土居寿美子さんコラム「こころのとびら」①

子どもはかわいい。でも、かわいいだけじゃない|土居寿美子さんコラム「こころのとびら」①

子どもはかわいい。でも、かわいいだけじゃない|土居寿美子さんコラム「こころのとびら」①

利用者の気持ちに寄り添う支援を。高知市の地域子育て支援センター「いるかひろば」理事長、土居寿美子さんのコラムです

わが子との毎日。穏やかに、楽しく過ぎる日もあれば、うまくいかず、イライラしてしまう日もありますね。子育てで困った時、悩んだ時、相談に乗ってくれるのが地域子育て支援センターです。

ココハレのコラム「こころのとびら」では、高知市の地域子育て支援センター「いるかひろば」を運営する特定非営利活動法人の理事長、土居寿美子さんが執筆を担当します。土居さんはいるかひろばで 10 年以上にわたり、たくさんの親子に寄り添ってきました。「ご飯を食べてくれない」「おむつが外れない」「また怒り過ぎてしまった」…。そんな悩みを打ち明ける保護者とのエピソードをもとに、わが子への関わり方を紹介します。

心のもやもやを解きほぐすお手伝い

新型コロナウイルスの影響で、1 年前と状況が一変しました。外で自由に遊ぶことははばかられ、お友達と集うことすらままならない「自粛」「自粛」の毎日。学校は休校になり、幼稚園や保育園は休園になり、子育て支援センターも休所となりました。

緊急事態宣言が解除され、徐々に日常生活を取り戻す期間になってはいますが、「 3 密」を避けなければならない日々はまだ続いています。厳しい状況の中での毎日の子育て、本当にご苦労さまです。

子どもを授かり、出産し、子育てをする中で、言葉に表現できない幸せを感じておられる方もたくさんいらっしゃることと思います。至福の時ですね…。でも、悲しいかな、子育ては楽しいことばかりではありません。

毎晩、すっきりとした気持ちで1日の終わりを迎えられていますか?子どもの寝顔を見て「ごめんね」という気持ちになったり、「また今日も怒っちゃった」と後悔されたり…。自分を責めておられるお母さん、お父さんも中にはいるのではないでしょうか。

子どもの行動で気持ちがかき回され、ともすれば乱されて、ついつい感情的になり、大きな声で思いのたけを子どもにぶつけてしまって自己嫌悪!そして落ち込み、自分を責めてしまう…。そのきっかけが、「ご飯を食べない」であったり、「トイレトレーニング」であったり、はたまた子どもの成長の中でとても大事な「イヤイヤ期」への対応であったりします。

子どもはかわいいんです。でも、かわいいだけではないんです。

私たちが運営する高知市地域子育て支援センター「いるかひろば」には、お母さん、お父さんから毎日いろいろな相談が寄せられます。

 

「うちの子、もうすぐ 3 歳になるんですけど、まだおむつしてるんです。大丈夫でしょうか」

「Aちゃんは 2 歳なのにもうトイレでおしっこしてます。うちの子はまだおむつなんです」

「ご飯をなかなか食べないんです」「食事中座って食べられないんです」

 

私たちは保護者一人一人のお話を傾聴することを心がけています。お話を伺う中で、いつの間にか最初の相談内容から少しずつ焦点が変わります。自分の幼少期の話にさかのぼったり、親子関係の話になったり、夫婦間の見解の違いでストレスを感じていたり、自分自身の考え方や気質の話になったり、ということが少なくありません。

中には「虐待」というとてもつらい経験をした方もいらっしゃいます。親に甘えたり、認めてもらったりした経験がなく、子育てに戸惑っている方もいらっしゃいます。嫌な思いや経験を今まで誰にも言えなかった方や、言ったとしても「誰にでもある」という言葉で聞き流されてしまい、自分の気持ちを封印されている方が多いということに気づきました。

お母さん、お父さんの心のリラックスが子育てにプラスになります。いるかひろばでは、一人一人の気持ちに寄り添って支援をしていきたいと思っています。自分の「本音」を安心して出すことによって、自分自身を振り返り、「これからどうしたいか」という出口を見いだしていくことができます。心の中のもつれた糸をほどいていくお手伝いをさせていただいている感じです。

これから、守秘義務のもと、賛同を得られた利用者のエピソードを交えながら、心の中のもやもやを解きほぐすことを具体的にお伝えしていきたいと思います。ご自身の経験と照らし合わせて読んでみてください。どうぞよろしくお願いいたします!(^^)!

 

 

土居さんに相談したい場合は、「いるかひろば」に問い合わせをしてください。

高知市地域子育て支援センター「いるかひろば」はこちら

土居さんへのインタビューはこちら

関連するキーワード

この記事の著者

門田朋三

土居寿美子

高岡郡梼原町出身。保育士として2005年から高知市の港孕保育園に勤務。07年から、港孕保育園内にある地域子育て支援センター「いるかひろば」の常勤スタッフとして、親子に寄り添った支援に取り組んできました。2019年11月に特定非営利活動法人いるかひろばを立ち上げ、理事長に。2020年から、いるかひろばをNPOとして運営しています。趣味はバレーボール。洋服やケーキなど何かを作ることも好きです。好きな言葉は「一所懸命」。

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。