おでかけスポット
アイコン:おでかけスポット
HOMEおでかけスポット地域子育て支援センター高知市地域子育て支援センター「親子みかづき広場」

高知市地域子育て支援センター「親子みかづき広場」

高知市地域子育て支援センター「親子みかづき広場」

英語、スイミング、自然食育体験…みかづき幼稚園の特色を生かした活動

高知市地域子育て支援センター「親子みかづき広場」は、みかづき幼稚園の 2 階にあります。利用は 1 日 20 組前後。お母さん同士の仲が良く、アットホームな雰囲気です。

みかづき幼稚園の英語の先生による「ベビーイングリッシュ」や、スイミングスクールでの「親子スイミング」、みかづきの森での自然食育体験など、幼稚園の特色を生かした活動を取り入れています。

※ 2022 年 5 月 18 日、「ご利用方法」を更新しました。

 

高知県内の支援センターのまとめと利用注意点はこちら

高知市内の 16 支援センターのまとめはこちら

施設概要

施設名 高知市地域子育て支援センター「親子みかづき広場」
運営 学校法人みかづき学園
所在地 高知県高知市万々 381 みかづき幼稚園内 2 階
電話番号 088-822-3388
利用時間 月、水、金曜日:8:45~13:45
園の行事によって、振り替えがあります
ご利用方法 ■主に未就園児とその家族、妊婦さんが対象です。里帰り中の人も利用できます
■初めての人には簡単な登録をお願いしています。名札を着けて遊んでください
■お弁当を持ってきた人はランチができます
■お弁当の残りや使用済みの紙おむつは持ち帰ってください

※新型コロナウイルス対策でランチは中止しています
駐車場 無料。10 台程度。みかづき幼稚園の駐車場を利用してください
URL https://oyakomikadukihiroba.exblog.jp/

マップ

詳細情報

【1日の流れ】お部屋や園庭で自由に遊んでください

8:45 開所。お部屋や園庭で自由に遊んでください。
11:10 おかたづけの後、ベビーイングリッシュです。
11:30 ランチタイム。お弁当を持ってきた人は食べてください。終わったら、また自由に遊んでください。
13:45 閉所。

※新型コロナウイルス対策でランチは中止しています

主な行事

  • ベビーイングリッシュ(毎回)
  • 身体測定(月 1 回)
  • 育児相談
  • 子育て講座(月 1 ~ 2 回)
  • 親子スイミング(学期に 1 回程度)

ベビーイングリッシュは、みかづき幼稚園のネイティブ講師による英語の時間です。毎回 10 分程度、歌ったり、絵本を読んだりしています。

育児相談は毎日受け付けています。高知市の助産師さん、保育士さんの訪問も年 4 回あります。

親子スイミングは、近くのみかづきスイミングスクールで行っています。ベビーから参加できます。

遠足やクリスマス会のほか、みかづきの森での自然食育体験なども行っています。

活動の様子や行事予定は、ブログで紹介しています。

【場所】みかづき幼稚園の2階にあります

「親子みかづき広場」は、みかづき幼稚園の 2 階にあります。駐車場は園舎から少し離れた所にあります。門を開けて中に入り、園庭の横の通路を進むと、玄関があります。右側の階段を上がると、右側に「親子みかづき広場」の部屋があります。靴は玄関で脱いで、持って上がってください。

アットホームな雰囲気です

室内には畳コーナーやマットコーナーがあり、赤ちゃんも安心して遊べます。1 日 20 組前後の利用があります。お母さん同士の仲がよく、アットホームな雰囲気です。

ルーピングフリズルがたくさんあります

部屋にはすべり台やトンネルなどの遊具があります。色とりどりのレールに沿って小さなボールを移動させていくおもちゃ「ルーピングフリズル」は、丸テーブルにたくさん設置されています。

園庭で遊べます

部屋の外にはテラスがあります。園庭開放は毎回しています。遊具スペースには人工芝が敷かれていて、安全に遊べます。

ネイティブの先生とベビーイングリッシュ

みかづき幼稚園の英語の先生による「ベビーイングリッシュ」の時間が毎回あります。英語で簡単な歌を歌ったり、絵本でお話を聞いたりしながら、ネイティブの先生と交流ができます。無料で受けられるので、お母さんたちに好評です。

ランチもできます

お弁当を持ってきた人は、11:30 ごろからランチができます。ゆっくり食べさせながら、お母さんたちの会話も弾みます。

洋服や靴は譲り合い

畳コーナーの棚に「どうぞのはこ」があります。洋服や靴など、家庭でいらなくなった子育てグッズを入れて、譲り合っています。

職員さんから一言

1 日 20 組前後が利用しています。職員自身も子育て中に、自分がほっとできる場所がほしかった経験があります。お母さん同士がおしゃべりしていて、そばで子どもが安心して遊んでいる。そんな、お母さんにとっても子どもにとってもほっとできる場所になればと思っています。
広場の様子はブログで紹介しています。写真をたくさん載せていますので、雰囲気が分かると思います。ぜひ遊びに来てくださいね。

この記事の著者

門田朋三

ココハレ編集部

小1と年少児の娘がいます。「仲良し」と「けんか」の繰り返しで毎日にぎやかです。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。