おでかけスポット
アイコン:おでかけスポット
HOMEおでかけスポット地域子育て支援センター四万十市地域子育て支援センターにしとさ「ぴよっこ」

四万十市地域子育て支援センターにしとさ「ぴよっこ」

四万十市地域子育て支援センターにしとさ「ぴよっこ」

西土佐地域初の子育て支援センター。少人数でのんびり過ごせる、お母さんの憩いの場

四万十市地域子育て支援センターにしとさは、愛称「ぴよっこ」。2019 年度にスタートした西土佐地域初の地域子育て支援センターで、新築移転した川崎保育所内にあります。利用者は 1 日数組なので、少人数でのんびり過ごせます。お母さんたちの話を聞き、「憩いの場」になることを目指しています。

毎月の製作では子どもの手形、足形を使ってハロウィーンやクリスマスなどの季節の飾りを作っています。成長の記念にいかがですか。

高知県内の支援センターのまとめと利用注意点はこちら

 

施設概要

施設名 四万十市地域子育て支援センターにしとさ「ぴよっこ」
運営 四万十市
所在地 高知県四万十市西土佐用井1110-3 川崎保育所内
電話番号 0880-52-1277
利用時間 平日は月曜、水曜、金曜日の 9:00 ~ 12:00 。祝日はお休みです。
ご利用方法 主に未就園児とその家族、妊婦さんが対象です。四万十市在住の人が利用できます。里帰り中の方はご連絡ください。
駐車場 無料。14 台。川崎保育所と共有です。

マップ

詳細情報

1日の流れ

9:00 開所。特に決まりはありません。自由に遊んでください。
12:00 閉所。

 

主な行事

  • 製作(毎月)

製作では子どもの手形、足形を使って節分、ハロウィーン、クリスマスなど季節の飾りを作ります。

夏にはミニプール遊びもあります。育児相談もできます。保育所の行事にも参加しています。

2019 年春に完成した新しい園舎

「ぴよっこ」は、西土佐地域初の地域子育て支援センターです。2019 年春、川崎保育所が西土佐中学校の隣に新築移転したのを機に活動が始まりました。園舎の玄関の左側に職員室があります。その左側が「ぴよっこ」の部屋です。開所日には職員さん手作りの看板が出ています。

新しいおもちゃは園児にも人気

室内は木の香りに包まれています。おもちゃも新しい物ばかり。ボールプールやままごとセットがあり、園児も時々遊びに来るそうです。0歳児の利用が多いそうで、「だるまさんが」シリーズなど赤ちゃん向けの絵本もそろっています。

手作りおもちゃも楽しめます

職員さん手作りのおもちゃもあります。牛乳パックを使った箱はレジャーシートで包まれていて、いろいろなキャラクターが楽しめます。のりの容器を使ったおもちゃはストロー通しとひも通し。ひも通しにはアンパンマンやばいきんまんがありました。

製作は手形、足形で季節の飾り

毎月の製作は「お母さんに気分転換で作ってもらい、家で活用してほしい」という思いで取り組んでいるそうです。子どもの手形、足形を取っているので、成長の記念にもなります。

職員さんから一言

西土佐地域には公園がなく、お母さんたちが知り合う場、集う場がありませんでした。2019 年度にスタートした「ぴよっこ」は、親子で遊びに来てもらい、ほっとできる場所を目指しています。「まだ赤ちゃんだから遊べない」と遠慮するお母さんがいますが、大歓迎です。抱っこしっぱなしで疲れていたら、私たち職員が抱っこを代わります。利用者は 1 日数組ほどで少ないのでのんびりできますし、子どもの様子を見ながら手遊びを入れるなど、臨機応変に対応しています。お母さんたちの憩いの場になればと思っています。

この記事の著者

門田朋三

ココハレ編集部

小1と年少児の娘がいます。「仲良し」と「けんか」の繰り返しで毎日にぎやかです。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。