子育て
アイコン:子育て
HOME子育てココハレ広場ココハレ広場㉖「休日の過ごし方」|公園巡り、平日にできない大掃除、お菓子パーティー…子どもと過ごす“テッパンの休日”を紹介

ココハレ広場㉖「休日の過ごし方」|公園巡り、平日にできない大掃除、お菓子パーティー…子どもと過ごす“テッパンの休日”を紹介

ココハレ広場㉖「休日の過ごし方」|公園巡り、平日にできない大掃除、お菓子パーティー…子どもと過ごす“テッパンの休日”を紹介

「休日がマンネリ気味」という人必見!お子さんと楽しい時間をお過ごしください!

「ココハレ広場」では高知で子育てをするお父さん、お母さんの本音を紹介しています。

今回のテーマは「休日の過ごし方」。最も多かったのは「公園」で、近所の公園までお散歩したり、大きな公園に車ででかけたりして、親子で体を動かしていました。

「家で過ごす」という人は、平日にできない掃除を親子で頑張ったり、お菓子を買い込んでパーティーを開いたり。日常に“特別感”をプラスしています。

「休日がマンネリ気味」という人必見!子育て世代の“テッパンの休日”を紹介します!

「休日=おでかけ」というお子さんには、手軽で楽しい公園が人気

休日。親にとっては「体を休めたい日」ですが、子どもにとっては「お父さん、お母さんと一緒にいられる日」。「外に遊びに行こう」「おでかけしよう」という時に手軽で、無料でありがたいのが公園です。

  • 普段は朝ぐずるのに、こっちがゆっくり眠れる休みの日に限って、6 時半に起きてくれます。洗濯しながらフルーツとヨーグルトで軽めの食事を取って、9 時には公園にでかけます。大きい公園も朝早めだと人も少なくて、結構自由に遊べます。10 時半くらいになると人も増えだすので帰ります。コメダ珈琲店でモーニングを食べるのがプチぜいたくになっています( 48 歳お母さん、長男 3 歳)
  • 土日のどちらかは家族ででかけるようにしています。午前中から公園に行ってピクニックが定番です。広い公園だとテントを持って行くこともあります。めんどくさい時もありますが、家族全員ででかけるのもあと 6 年ぐらいだと思うので、頑張ってます( 38 歳お母さん、長男 5 歳、長女 2 歳)
  • のいち動物公園は年間パスポートを持っているので、月に何回行っても楽しいです。コロナの感染が気になる時や来園者が多い時は、屋内エリアや公園に行かないようにしています( 43 歳お母さん、4 歳男の子)
  • 上の子は公園巡りが大好きで、タウン情報誌などを私に見せて「次ここ行きたーい」とリクエストしてきます。時間を捻出するために、週末の家事はとことん手抜きです( 44 歳お母さん、長男 5 歳、次男 3 歳)

 

「ココハレを見て公園巡りをしている」というお母さんもいました!

  • 娘が 9 カ月頃から、ココハレを見て公園巡りをしています。高知の地図に公園の目印と写真を貼り付けて、オリジナルマップを作っています( 45 歳お母さん、1 歳女の子)
公園のオリジナルマップがこちら。お子さんの写真も貼っていて、思い出になりますね
公園のオリジナルマップがこちら。お子さんの写真も貼っていて、思い出になりますね

お父さん、お母さんから挙がった公園はこちらです。

遊びの定番!外でも家でも鬼ごっこ

鬼ごっこも人気?!年齢を問わず寄せられました。

  • 歩き始めたわが子と家で鬼ごっこをしています。「追いかけられて逃げる」というのはまだ理解していなくて、家事をしながら動く私を追いかけてきます。私が振り返って「ばあ!」と驚かせると、大爆笑です( 28 歳お母さん、1 歳男の子)
  • テッパンの過ごし方は、公園で鬼ごっこ。親子で遊んでいると、他の子も「寄せてーっ!」と入ってきてくれます!いろんな子を巻き込んで楽しんでます!( 31 歳お母さん)

 

小学生のお父さんからはこんな声も。

  • 長女が 5 年生になり、塾に入りました。平日のお迎えが大変です。休日は親もゆっくりしたい…です。が、長女の友達が遊びに来ると、鬼ごっこに付き合わされます。30~40 分、お父さんは鬼ばっかりです。追いかけ回すのはしんどいです。週末は「天気悪くなれ!」と思っています…笑( 48 歳お父さん)

子育ては体力勝負ですよね。お父さん、頑張って!

公園で鬼ごっこ!体力は消耗しますが、楽しい時間(イラスト・岡崎紗和)
公園で鬼ごっこ!体力は消耗しますが、楽しい時間(イラスト・岡崎紗和)

普段のお買い物や外食も楽しいおでかけです。

  • 子どもと一緒に実家に帰って、高知市内でお買い物が多いです!住んでる所が田舎なので。上の子はインドア派、下の子はアウトドア派なのででかける場所に困りますが、ショッピングモールやぽかぽか温泉は 2 人とも喜びます( 36 歳お母さん、長女 10 歳、長男 7 歳)
  • わが家の休日は日曜のみなので、コロナ禍ということもあり、1 週間分の食料の買い物がテッパンです( 35 歳お母さん、長女 5 歳)
  • 土曜日の夕食は外食しています。子どもが回転ずしが大好きなので、よく行きます。パパが毎日ご飯を作ってくれるので、週 1 回は解放されたいみたいです( 42 歳お母さん、長女 6 歳、次女 3 歳)

休日は家事をしたい!掃除を楽しいイベントに!

「休日に大変なことは?」という質問にはこんな声が寄せられました。

  • 子どもたちはとにかく外遊びが大好き。私が家の中で家事をしたくても、お構いなしに出て行ってしまいます。庭先ならまだしも、ご近所さんと共有している通路は車の出入りもあって危ないので、放っておくこともできず…週末くらいたまった家事をしたり、リビングでくつろぎたいんですけどね( 44 歳お母さん、長男 5 歳、次男 3 歳)
  • 掃除やご飯。掃除機をかけると泣きだしてしまい、掃除が続かない。汚れている所を中心に少しずつかけています( 22 歳お母さん、2 歳女の子)
  • 休日はとにかく早起き。朝の仕事ができません。7 時まで寝てもらって、その間に洗濯物を干して、アイロン、朝ご飯の準備、おやつの仕込み…やりたいことはいっぱいあります( 35 歳お母さん、年長の長女)
  • 1 歳の息子は自分のことを猫だと思ってるみたい。飼い猫のご飯やトイレで遊ぶことを阻止するのがとにかく大変!家にいる時はエンドレス♪( 28 歳お母さん)

 

週末の家事について、「日曜日はお掃除の日にしている」というお母さんがいました。

掃除も楽しいイベントに。掃除大臣、大活躍です
掃除も楽しいイベントに。掃除大臣、大活躍です
  • 日曜日は子どもたちにも手伝ってもらい、大掃除をしています。長男はトイレ掃除と洗面所の排水溝と洗濯機のごみネット。次男は布団にレイコップをかけて、枕を除菌スプレーでシュッシュッ。早く終わったら玄関の掃き掃除。終わったら、お風呂の掃除を兼ねてお風呂に入りながら、上履きを洗います。「掃除大臣!いつものお願いします!」とお願いしています。終わったらご褒美を兼ねて(本当は、きれいになったキッチンを汚すのが嫌なので)、テイクアウトのお弁当を買っておでかけすると、子どもたちは大喜びです( 42 歳お母さん、長男 8 歳、次男 5 歳)

 

『ルンバちゃんを遊ばせてあげよう』と子どもに持ち掛けて、床の上を片付けている」というお母さんもいました。掃除への協力要請は、子どもの楽しみへとつなげる設定が大事ですね。

おうち時間も充実を!パーティーもおすすめ

「もともとインドア派」「コロナ対策」などの理由で家にいることが多いという人からは、さまざまな過ごし方が寄せられました。

  • わが家では手作りパーティーがテッパンです!コロナで全く外に遊びに行けなくなった時期から始めました。ハンバーガーパーティー、クレープパーティー、ポップコーンを作って映画を見るおうち映画パーティーなど。パーティーにはタピオカドリンクとお菓子も欠かせません( 36 歳お母さん、長女 10 歳、長男 7 歳)
  • 休日は「お菓子パーティー」と称して、みんなが買い物で好きなお菓子を買い込み、幸せに浸っています。娘はばかうけ、ねるねるねるね、じゃがりこ、グミ。息子はお姉ちゃんのおこぼれをもらうような感じ。お父さんはチョコ類、クッキー。私はピザポ、カラムーチョが好みです( 33 歳お母さん、長女 8 歳、長男 1 歳)
おやつの時間をパーティーに
おやつの時間をパーティーに

テレビやタブレットは、子どもに静かに過ごしてもらう際の心強い味方。メディアとの付き合い方は試行錯誤です。

  • 休日は録画しておいた「金曜ロードショー」や「鬼滅の刃」を見る!外になかなか遊びに行けないため、家にいる時はYouTube三味になってしまうことが悩みです。「 30 分タイマーが鳴ったら 1 回休憩!画面から目を離す!」とルールを決めても、YouTubeには勝てません。寝る前に「最後にこれ 1 個だけ見てやめるね」と見始める動画がやたら長い。もう…なんかもう…って感じです( 35 歳お母さん、長女 5 歳)

 

たまには極力手を抜き、だらだらしたい休日…ですが、想定外のところに影響が?!

  • 小学校に上がってからは、週末に日記の宿題があります。イベントがないと、「おひるごはん」をテーマにされるので、日記に書けそうなテーマを土日に仕込む時も。前に日記に書かれたのが「お昼ご飯にUFO食べたこと」。マジかー。インスタントは書かないでー。先生は「おいしいよね~!」と大人なコメントを書いてくれています…笑( 42 歳お母さん、長男 8 歳、次男 5 歳)

 

休日の過ごし方、いかがでしたか?親として「子どものために特別なことを」と考えがちですが、お金をかけなくても、普段の生活にアイデアを少しプラスするだけで、子どもにとっては「特別な、楽しいお休み」になるようです。参考になさってくださいね。

次回のテーマは「『勘弁してー!』と思った子どもの言動」。LINEでお寄せください!

ココハレ広場、次回のテーマは「『勘弁してー!』と思った子どもの言動」です。子どもの思わぬ言動に驚かされたり、ヒヤヒヤしたりしたことはありませんか?皆さんでシェアできればと思います。

詳しくはこちら。ご意見をLINEでお寄せください!お待ちしております!

この記事の著者

門田朋三

門田朋三

小1と年少児の娘がいます。「仲良し」と「けんか」の繰り返しで毎日にぎやかです。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。