子育て
アイコン:子育て
HOME子育て連載・コラムおでかけ絵日記MOTOKOのおでかけ絵日記③「四万十川ジップライン」

MOTOKOのおでかけ絵日記③「四万十川ジップライン」

インスタの人気マンガ家MOTOKOさんが高知県内のおでかけスポットを紹介します

高知県内で暮らすマンガ家 MOTOKO さんは夫と 4 人の子どもの 6 人家族。しっかり者の長男ヒー君、心優しい次男フー君、明るく活発な三男ミー君、一家のお姫様の長女ヨッちゃん、そんな家族をまとめるパパとの日常をマンガで描いています。作品を投稿したインスタグラムは全国のお父さん、お母さんから「かわいい」「癒やされる」と大人気。フォロワーは 19 万人を超えています。

ココハレでは、MOTOKOさん一家が高知県内のおでかけスポットを訪ねる「おでかけ絵日記」を毎月連載します。マンガとエッセイはココハレだけの独占描き下ろしです。親子でのおでかけの参考に、ぜひご覧ください。

 

四万十川ジップライン

雄大な四万十川を背景にする、アイコンタクト

今回は四万十川まで足を延ばしてきました!

高知に住んでいるとあっちこっちにキレイな川があるので、わざわざ四万十川じゃなくても…と思いがちで、実はいつも通り過ぎていた高知県四万十町。

けど今年の6月にジップラインができたと聞いて、家族で行ってまいりました。

私自身、ジップラインが初体験で、まぁなんとかなるっしょ…!と挑んだら、スタート前の恐怖たるや…。

体験動画、YouTubeで3〜4本は見たんですけどね。スタート地点の木のデッキ上が一番やばいです。

長男は涼しい顔をしていましたが、内心ビビっていたようで、後から聞いたらスタート前は「やめときゃよかった」と後悔してたそうです。

けど、飛んじゃえば大丈夫…!!!

おしりを支えてくれているベルトにかなり安定感があり、手を離しても大丈夫なほど(まぁ、私は離しませんでしたが)

めっちゃ楽しかったです。

また飛びたいっ。

これ、2人一緒に飛べるのが、結構ポイントだなぁと思っていて。スピードもそんなに速くないので、飛びながら目を合わせるくらいの余裕があります。

…めちゃぜいたくじゃないですか!?
雄大な四万十川を背景にする、アイコンタクト。恋人同士はもちろん、家族でも知人でも、絶対忘れられない瞬間になる気がします。

ということに、一度飛んでから気づいた私。

一緒に飛んだ長男とは、目を合わせる余裕がありませんでした(笑)。

次回…!次回こそっ!!

●「四万十川ジップラインに行ってみた」はこちらから

●高知県の人気おでかけスポットはこちらから

●「おでかけ絵日記」の更新情報はココハレLINEでチェック!LINEのお友達登録はこちらから

関連するキーワード

この記事の著者

国沢 悠子

MOTOKO

1979 年生まれ。4 人の子どもと夫の 6 人家族。30 代半ばで住み慣れた関東を離れ家族で高知県に移住。2018 年からインスタ(@motok68)で漫画を描き始める。単行本「うちのヒフミヨ!兄たちは妹びより」「うちのヒフミヨ!兄たちはますます妹びより」(祥伝社)が好評発売中。

インスタ:https://www.instagram.com/motok68/
ブログ:http://www.kame6.com/

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。