イベント
アイコン:おでかけスポット
HOMEイベント親子でおでかけ開催日が変わりました【つむサポ講座】黒潮町で「粘土・陶芸教室」|発達の気になる小学生までの子どもと保護者が対象です

開催日が変わりました【つむサポ講座】黒潮町で「粘土・陶芸教室」|発達の気になる小学生までの子どもと保護者が対象です

開催日が変わりました【つむサポ講座】黒潮町で「粘土・陶芸教室」|発達の気になる小学生までの子どもと保護者が対象です

※開催日が 7 月 3 日から 7 月 24 日に延期されました→ 8 月 11 日に再延期されました。

発達が気になる小学生までの子どもと保護者を対象にした「粘土・陶芸教室」が 2022 年 8 月 11 日(木・祝)、幡多郡黒潮町の黒潮町保健福祉センターで開かれます。「くろしおっこなかまの会」のイベントで、2022 年度の「つむサポ講座」です。

定員は親子 15 組。申し込みは電話で黒潮町社会福祉協議会まで。

(記載されている情報は 2022 年 6 月 7 日時点のものです。写真は「くろしおっこなかまの会」の別のイベントで撮影したものです)

 

イベント概要

イベント名 つむサポ講座 粘土・陶芸教室
運営 くろしおっこなかまの会
開催期間 2022 年 8 月 11 日(木・祝)
開催場所 黒潮町保健福祉センター・2 階大ホール(高知県幡多郡黒潮町入野 2017-1 )
電話番号 0880-43-2835(黒潮町社会福祉協議会)
利用時間 9:00~12:00
ご利用方法 ■対象:発達が気になる子ども(小学生まで)とその保護者
■定員:親子 15 組
■参加費:1 人 200 円(材料代)
■持ち物:水分補給用の飲み物
■申し込み:電話で黒潮町社会福祉協議会へ。6 月 20 日(月)締め切り
駐車場 あり

マップ

詳細情報

「くろしおっこなかまの会」では発達の気になる子どもを育てる保護者が交流しています

「つむサポ講座」は、妊娠期からの切れ目ない子育て支援を目指す高知県の施策「高知県版ネウボラ」の「みんなでつむサポ」という活動の一環です。

「くろしおっこなかまの会」は幡多郡黒潮町内で発達の気になる子どもを育てる保護者が交流するサークルです。レクリエーションなどでできたつながりを大切にしながら、発達障害について情報交換を行っています。

12月にはクリスマス会を開いています(2021年)
12月にはクリスマス会を開いています(2021年)

 

2022 年度は高知県内の 8 団体が「つむサポ講座」を開きます。詳しくはこちら

ココハレではつむサポ講座のお知らせや活動を随時、ご紹介していきます。「#つむサポ」でご覧ください。

この記事の著者

ココハレ編集部

ココハレ編集部

部員は高知新聞の社員 6 人。合言葉は「仕事は楽しく、おもしろく」。親子の笑顔に出合うことを楽しみに、高知県内を取材しています。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。