子育て
アイコン:子育て
HOME子育て特集つむサポ【参加団体が増えました】高知の子育て支援「つむサポ」2022年度は9団体が子育て講座を開いています

【参加団体が増えました】高知の子育て支援「つむサポ」2022年度は9団体が子育て講座を開いています

【参加団体が増えました】高知の子育て支援「つむサポ」2022年度は9団体が子育て講座を開いています

産後エクササイズ、読み聞かせ、運動遊び、セミナー…2022年度つむサポ講座、参加団体をご紹介!

高知県の子育て支援「みんなでつむサポ(つむサポ)」。 2022 年度も県内各地で「つむサポ講座」が開かれています。参加団体が新たに増え、9 団体となりました。

産後エクササイズに読み聞かせ、運動遊び、セミナーなど多彩な講座を通して、親子で楽しい時間を過ごしたり、親同士で交流したり、子育てに役立つ学びを得たりしてみませんか?

この記事では講座を企画・運営する 9 団体をご紹介します。講座の開催情報は随時更新していきます。

つむサポは気軽に子育て相談・交流ができる場を増やす取り組みです

つむサポは、高知県内で子育て講座を企画する団体やサークルをつなぎ、気軽に子育て相談や交流ができる場を増やす取り組みです。妊娠期から子育て期までを切れ目なく支援する「高知県ネウボラ」の一環で、2021 年度に高知県が始めました。講座全体の運営はNPO高知市民会議に委託されています。

2021 年度は 8 団体・個人によって計 39 講座が開かれ、延べ 655 人が参加しました。

赤ちゃんたちを遊ばせながら、ストレッチなどを行った「フラダンス教室」
赤ちゃんたちを遊ばせながら、ストレッチなどを行った「フラダンス教室」
「ママのカラダケア教室」では、妊娠・出産による心と体の変化やセルフケアを学びました
「ママのカラダケア教室」では、妊娠・出産による心と体の変化やセルフケアを学びました

2022 年度に講座を開くのは次の 9 団体です。

Cuddle family(カドルファミリー)~やさしく寄り添う家族~

四万十市の「アピアさつき」にある「子育てひろば とことこ」
四万十市の「アピアさつき」にある「子育てひろば とことこ」

「Cuddle family ~やさしく寄り添う家族~」は四万十市のショッピングセンター「アピアさつき」で子育てひろば「とことこ」を運営しています。四万十市内のお母さんたちが「雨の日、暑い日、寒い日、いつでも子どもを遊ばせられる屋内施設を」と考え、2018 年に活動を始めました。

「とことこ」では子ども向けの習い事教室や親子向けのイベントなどが開かれています。つむサポ講座では「キッズバランスボール」や「産後エクササイズ」など 5 講座が予定されています。

高知てるてるぼうずの会

「高知てるてるぼうずの会」は助産師の木村和佳さんが立ち上げました
「高知てるてるぼうずの会」は助産師の木村和佳さんが立ち上げました

高知てるてるぼうずの会」は流産や死産を経験した人が集まれる場所、わが子について語り合える場所をつくろうと、助産師の木村和佳さん(高知市)が 2019 年に立ち上げました。木村さん自身も初めての妊娠で流産を、4 人目の子どもで死産を経験しました。当事者として、助産師として、「参加した人の気持ちが少しでも晴れるように」と取り組んでいます。

つむサポ講座では「天使ママの集い」として、アロマオイルを使ったアイテム作りやアルバム作りなど 5 講座を計画しています。

認定NPO法人高知こどもの図書館

2021年10月に開かれたつむサポ講座「あおぞらひろば」。屋外で読み聞かせを楽しみました
2021年10月に開かれたつむサポ講座「あおぞらひろば」。屋外で読み聞かせを楽しみました

高知こどもの図書館」(高知市丸ノ内 1 丁目)は子どもの本専門の図書館ならではの子育て支援として、絵本の読み聞かせや手遊び、ふれあい遊びを楽しむイベントを開催。絵本を通して、親子でゆったりと過ごし、ほっとできる時間を提供しています。

2022 年度のつむサポ講座は 2 回を予定しています。

  • 7 月 22 日(金)「くすくすひろば」ママアナおはなし隊が読み聞かせや手遊びをします(高知こどもの図書館で 10:00~11:30 )
  • 9 月 16 日(金)「おとなのためのくすくすひろば」子育てとともに楽しみたい絵本や本を紹介します(高知こどもの図書館で 10:30~11:30)

みやもっち体育で楽しむ☆親子運動あそびの会

「親子運動遊び」では「みやもっち先生」こと宮本忠男さんが講師を務めます
「親子運動遊び」では「みやもっち先生」こと宮本忠男さんが講師を務めます

みやもっち体育で楽しむ☆親子運動あそびの会」は幼児から小学生の親子が運動遊びに取り組むサークルです。幼児体育講師の宮本忠男さんによる幼児向け体育「みやもっち体育」を取り入れて親子で楽しく体を動かしながら、親同士のつながりも大切にしています。

2022 年度のつむサポ講座は 5 回。「親子運動あそび」のほか、ブギウギピアノとコラボした「リトミック的親子運動遊び」、「親子でテラリウムづくり」を予定しています。

  • 6 月 18 日(土)「みやもっち体育による親子運動遊び」(伊野体育館で 14:00~)
  • 7 月 9 日(土)「みやもっち体育による親子運動遊び」(伊野体育館で 15:00~)
  • 11 月 26 日(土)「ブギウギピアノでみやもっち体育」(伊野公民館で 15:00~)

くろしおっこなかまの会

2021年12月のクリスマス会では、親子で「ミュージックケア」を楽しみました
2021年12月のクリスマス会では、親子で「ミュージックケア」を楽しみました

くろしおっこなかまの会」は幡多郡黒潮町内で発達の気になる子どもを育てる保護者が交流するサークルです。レクリエーションなどでできたつながりを大切にしながら、発達障害について情報交換を行っています。

2022 年度は 5 講座を予定(うち 1 講座は 5 月に開催済み)。シーカヤック体験や夏休み粘土教室などが計画されています。

  • 5 月 29 日(日)保護者交流会と子どもレクリエーション(さが交流センターみらいで 10:00~11:30 )
  • 6 月 26 日(日)シーカヤック体験(上川口港で 9:00~12:00 )
  • 7 月 3 日(日)粘土・陶芸教室(黒潮町保健福祉センターで 9:00~12:00 )→ 8 月 11 日(木)に延期しました
  • 8 月 21 日(日)防災学習会(黒潮町立佐賀交流センターみらいで 9:00~11:30 の予定)→ 10 月 16 日(日)に開催します→中止となりました
  • 11 月 23 日(水・祝)交流会(佐賀交流センターみらいで 9:00~11:30 )

ママサークル「キンダーママ」

2021年11月に開かれた「ファーストスプーンづくり」。スプーンの形にカットした木を、自分の好みの形に削り、磨きました
2021年11月に開かれた「ファーストスプーンづくり」。スプーンの形にカットした木を、自分の好みの形に削り、磨きました

キンダーママ」は南国市の地域子育て支援センター「キンダーガーデンおおしの」のママサークルです。支援センターで出会ったお母さんたちが「自分たちがやってみたいこと」を企画・運営しています。

2022 年度は高知県森と緑の会を招いた「ファーストスプーン作り」を予定しています。

いの町地域子育て支援センター「ぐりぐらひろば」保護者会「いちごサークル」

2021年度は子どもを遊ばせながらおしゃべりを楽しむ「いちごカフェ」を開催しました
2021年度は子どもを遊ばせながらおしゃべりを楽しむ「いちごカフェ」を開催しました

いちごサークル」は吾川郡いの町の地域子育て支援センター「ぐりぐらひろば」の保護者会です。2001 年度に活動を始め、季節の行事などを通して親同士の交流を続けています。

2022 年度は 5 講座を予定(うち 1 講座は 5 月に開催済み)。パネルシアターを楽しむ「だるまさんだっこの集い」や、おもちゃを通して遊びや親子の関わり方を学ぶ講座を計画しています。

  • 5 月 27 日(金)だるまさんだっこの集い(ぐりぐらひろばで 10:00~11:00 )
  • 9 月 9 日(金)パネルシアター・7~9 月生まれのお誕生会 ※定員に達しました
  • 11 月 15 日(火)遊びとおもちゃのお話 ※定員に達しました

smile support kochi(スマイル・サポートこうち)

2022年1月には「きょうだい支援」を考える講座をオンラインで開きました
2022年1月には「きょうだい支援」を考える講座をオンラインで開きました

Smile Support Kochi(スマイル・サポートこうち)」は病気や障害のある子どもを育てる家族のサークルです。コロナ禍の現在はオンラインで勉強会やおしゃべり会を開き、楽しい時間を過ごしながら、つながりをつくっています。

2022 年度は「心をそだてる・生きる力をはぐくむ講座」を開きます。体からのメッセージをテーマにした 5 回の連続講座です。

高知市こども劇場南地区運営委員会

「夕暮れお楽しみ会」では親子で花火を楽しみました(提供写真)
「夕暮れお楽しみ会」では親子で花火を楽しみました(提供写真)

「高知市こども劇場南地区運営委員会」は、高知市の潮江、長浜、横浜地区を中心に親子で楽しめるイベントを企画しています。こども劇場の舞台鑑賞に合わせてオーナメント作りを楽しんだり、地域で夕涼み会を開いたりしています。

イベントでは、子どもたちはイベントの“お客さん”にとどまらず、バザーでは店番や呼び込みを担当。子どもと大人が一緒になってつくり上げることで、人と関わる楽しさや達成感を味わっています。

2022 年度のつむサポ講座は 3 回を予定しています。

  • 11 月 3 日(木・祝)「花山海」のスペシャルライブ、ラボラボ台所実験室…「高知 蔦屋書店」で開かれる「つながるマルシェ」内で開催します
  • 12 月 25 日(日)「クリスマス会」
  • 1 月 15 日(日)「手づくり楽器ワークショップ」

 

講座の情報はつむサポのインスタグラムに掲載されています。

ココハレでは 2022 年度も、つむサポ講座のお知らせや活動を随時、ご紹介していきます。「#つむサポ」でご覧ください。

この記事の著者

門田朋三

門田朋三

小1と年少児の娘がいます。「仲良し」と「けんか」の繰り返しで毎日にぎやかです。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。