おでかけスポット
アイコン:おでかけスポット
HOMEおでかけスポット地域子育て支援センター土佐市子育て支援センター「なかよし広場」

土佐市子育て支援センター「なかよし広場」

土佐市子育て支援センター「なかよし広場」

自由に遊びながら交流を。妊婦さんも歓迎

土佐市子育て支援センター「なかよし広場」は蓮池保育園の 2 階にあります。イベントは毎週木曜日に開催しています。他の曜日は決まったスケジュールがなく、自由に遊び、交流ができます。子どもの様子を見ながら歌や体操をしたり、外遊びなど親子のリクエストを取り入れたりと、柔軟に対応しています。

「妊婦さんも大歓迎」とのことです。出産前から育児についての情報を得て、先輩ママたちと交流できる場にもなっています。

高知県内の支援センターのまとめと利用注意点はこちら

 

施設概要

施設名 土佐市子育て支援センター「なかよし広場」
運営 土佐市社会福祉事業団
所在地 高知県土佐市蓮池1331 蓮池保育園内
電話番号 088-852-0090
利用時間 月~金曜日 9:00 ~ 12:00 、13:30 ~ 15:30 。土曜日の開催が月 1 回あります。日曜、祝日はお休みです。
ご利用方法 主に未就園児とその保護者のための交流広場です。土佐市外の人も利用できます。親子やご家族で来所してください。妊婦さんも積極的に受け入れています。
授乳や水分補給はできますが、飲食はできません。使用済みの紙おむつは持ち帰ってください。
駐車場 無料。蓮池保育園と共有です。
URL http://www.city.tosa.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=3275

マップ

詳細情報

1日の流れ

9:00 午前の開所。特に決まったことはありません。自由に親子でふれあい、お友達と遊んでください。子どもの様子を見ながら、手遊びや歌などを行います。希望があれば、園庭や屋上などで外遊びもします。
12:00 午前の閉所。
13:30 午後の開所。午後も自由です。
15:30 午後の閉所。

 

主な行事

  • 木曜広場(毎週)
  • 土曜開所(月 1 回、午前と午後)

「木曜広場」は毎週木曜日の午前中です。身体測定や誕生会、子育て講座、絵本とお楽しみ会など、いろいろなイベントを企画しています。かわいい小物作りなど、ママサークルのような活動もしています。身体測定は母子手帳を持ってきてください。土佐市の保健師さんが来所しますので、育児の相談もできます。

土曜開所は月 1 回です。マタニティーヨガや、お父さんが来やすい父親教室などを企画しています。

土佐市の保健福祉センターでは「ママのつどい」があります。離乳食講座では実際に離乳食を作ります。お子さんは預かりますので、安心して取り組めます。

行事予定はウェブサイトでお知らせしています。

蓮池保育園の2階にあります

「なかよし広場」は蓮池保育園の 2 階にあります。正門から入り、園庭の奥にある園舎中央の通路をまっすぐ進んでください。時計のある入り口の右側から入ると階段があるので、2 階に上がります。柵を開けてまっすぐ進むと、左手に靴箱があります。突き当たりを右に曲がると、「なかよし広場」の部屋があります。

大きなボールプール

室内に入ると、まず目に入るのがボールプール。直径 1.5 メートルほどと大きく、寝そべったり、ごろごろしたり、プールを外で見守るお母さんに「どうぞ」をしたり、思い思いに遊べます。

2階建てのおうち

木製のおうちは 2 階建て。はしごを上って高い所を楽しんだり、1 階にもぐり込んで遊んだりできます。すべり台も木製です。

ままごとコーナーもあります

ままごとコーナーにはキッチン、テーブル、いすがあります。キッチンでは 1 歳の女の子がガスのスイッチをがちゃがちゃと回していました。人形もあるので、ご飯を食べさせるなど楽しく遊べそうです。
絵本コーナーには赤ちゃんが喜ぶ布製の絵本があります。

職員さんから一言

1 日 6 ~ 7 組ほどが利用しています。「楽しかった。また来よう」と思ってもらえることを大事にしています。支援センターでは就園するまでの短いお付き合いですが、親同士、子ども同士のつながりはずっと続きます。親子で自由に遊んだり、お友達を見つけたり、ほっとできる場や出会いの場になればと思っています。
妊婦さんの利用が多いのも特徴です。産前産後の話、育児の話を聞けますので、一度遊びに来てくださいね。

この記事の著者

門田朋三

ココハレ編集部

6歳と3歳の娘がいます。「仲良し」と「けんか」の繰り返しで毎日にぎやかです。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。