おでかけスポット
アイコン:おでかけスポット
HOMEおでかけスポット地域子育て支援センター日高村地域子育て支援センター「Kids Room もへい」

日高村地域子育て支援センター「Kids Room もへい」

日高村地域子育て支援センター「Kids Room もへい」

日高村新庁舎に移転し、子育て世代包括支援センターを併設。気軽に子育て相談ができます

日高村地域子育て支援センターは、日高村新庁舎の 1 階にあります。2021 年 11 月 1 日に日高村保健センターから移転しました。名前も「すくすくひろば」から「Kids Room もへい」に変わりました。

利用は 1 日数組ほどで、少人数でのんびりと過ごしたい親子におすすめです。村の子育て世代包括支援センターも併設され、子育てについて助産師や保健師、保育士に気軽に相談できます。

※ 2021 年 11 月 15 日更新。11 月 1 日に日高村新庁舎に移転しました。

※ 2021 年 11 月 29 日更新。移転後の様子を紹介しています。

高知県内の支援センターのまとめと利用注意点はこちら

 

施設概要

施設名 日高村地域子育て支援センター「Kids Room もへい」
運営 日高村教育委員会
所在地 高知県高岡郡日高村本郷 61ー1 日高村新庁舎 1 階
電話番号 0889-24-5115
利用時間 月~金曜日 9:00 ~ 12:00 、13:00~15:00
土曜、日曜、祝日はお休みです。
ご利用方法 主に未就園児とその家族、妊婦さんが対象です。日高村以外の人も利用できます。
駐車場 無料。近くにある図書館の駐車場を利用してください

マップ

詳細情報

1日の流れ

9:00 午前の開所。自由に来て、遊んだり、おしゃべりしたりしてください。
12:00 午前の閉所。
13:00 午後の開所。自由に来て、遊んだり、おしゃべりしたりしてください。
15:00 午後の閉所。

主な行事

  • すくすくひろば(月 1~2 回)

クリスマス会など季節に応じた行事や制作、子育て講座など少人数でのイベントを企画していきます。場所は「もへい」のほか、新庁舎 3 階の大ホール、保健センター、図書館の多目的ホールなどを活用します。

毎月の「めだかっこ通信」に行事予定を掲載しています。子育て相談は随時受け付けています。

保健センターから日高村新庁舎の1階に移転しました

新庁舎の外側はまだ工事中です
新庁舎の外側はまだ工事中です
新庁舎1階
新庁舎1階

日高村地域子育て支援センターは日高村保健センターから新庁舎に移転しました。新庁舎は国道 33 号沿いにある旧庁舎の奥に建てられました。

旧庁舎はこれから取り壊され、新庁舎の駐車場になります。このため、新庁舎の正面玄関はまだ使用できません。

図書館の駐車場を利用し、日下小学校の体育館横にある臨時入り口から入ると便利です。入り口から奥までまっすぐに進むと、左手に「Kids Room もへい」があります。

図書館の駐車場を利用します
図書館の駐車場を利用します
臨時入り口は日下小学校体育館の前
臨時入り口は日下小学校体育館の前
奥が正面玄関。検温と消毒をして、まっすぐ進みます
奥が正面玄関。検温と消毒をして、まっすぐ進みます
正面玄関近くに「Kids Room もへい」があります
正面玄関近くに「Kids Room もへい」があります

2022 年 4 月には新しい駐車場が完成し、正面玄関が利用できるようになるそうです。現在は旧庁舎とサンシャイン日高店の間の道が通行止めになっていますのでご注意ください。

子どもが大喜び!ブランコやボルダリングができます

新しいセンターはコンパクトになりましたが、木のぬくもりに癒やされる空間。天井からつるされたブランコで感覚遊びを楽しむなど、家ではできない経験を大切にしています。

注目はボルダリングウォール!子どもが喜んでよじ登っています。

この箱は何?絵合わせや磁石、ハンドルなど遊びがもりだくさん!

室内にはつかまり立ちにぴったりな箱がありました。絵合わせ、車のハンドルなど 5 面それぞれに違うおもちゃが取り付けられています。

磁石に砂鉄をくっつけて動かす遊びもできます。

木のおもちゃもそろっています

ままごとなどの木のおもちゃもそろっています。

おもちゃや本は旧センターから持ってきたものに加え、新しく買いそろえていくそうです。

職員さんから一言

日高村のセンターは「すくすくひろば」から「Kids Room もへい」に変わりました。利用は 1 日数組ほどで、のんびりと過ごせます。日高村は子どもの数が少ないですが、保護者が自分の子どもだけでなく、お友達の様子も見守り、成長を一緒に喜べる環境にあります。

「もへい」には保育士が常駐しています。子育て世代包括支援センターも併設されていますので、助産師や保健師も対応できます。毎日の子育てで起こる疑問などを専門スタッフに気軽に相談してください。

今後の活動は利用者の皆さんと考えていきたいと思っています。地域の妊婦さんから子育て中の親子に寄り添う場所として、交流の場として、日常的な見守りの場としての役割を担っていきます。

この記事の著者

門田朋三

ココハレ編集部

6歳と3歳の娘がいます。「仲良し」と「けんか」の繰り返しで毎日にぎやかです。あだなは「ともぞう」。1978年生まれ。

関連するキーワード

LINE公式アカウントで
最新情報をチェック!

  • 毎週木曜日にお届けする「ココハレ通信」で、ココハレ編集部のおすすめ情報をお知らせしています。